【エッセイ】絵を描く理由04 Zen Painting 無心は禅感覚

 

Zen Painting 
【絵と禅】
絵を描いていると、無心の「いまここにいる」感覚が訪れるときがある。

絵の具をとり、墨を擦り、淡々と筆を紙にのせる。デジタル技術でもって制作してもよいのだが、こうしたアナログな一連の作業、ひとつひとつの動作を淡々とこなすのが好きだ。

外国人からよく禅って結局どういうこと?と聞かれる。私が3歳から絵を描いて、ダンスや弓やらに身体で取り組み実体験でいえるのは、禅とは自分の意識をいつでも「今」におくことだろう。

会社員の時代によくいた「あの時ああすれば良かった!」とか「昔は良かった!」と過去と比較して話する人がいるけど、そんな人は往々にして業績が振るわなかった。きっと今にフォーカスできていないので、脳みそがぐるぐるしてるのだろう。だからマインドフルネスが流行るのね。

とにかく、個人差あると思うが絵は禅体験であり、意識を「今」そのものにもってくる便利なツールなのである。


【アート】子供の「写真集」をデザインした!

 

子育てをよりエンジョイするため、写真集をつくることにした。その前提があると普段なにげない生活でも「2人仲良く遊ぶ」瞬間や「旅先の自然に驚いている」時、「乗り物で笑顔になる」時など、シャッターチャンスはそこら中に転がっている。

 

ちなみに次男イブちゃんの場合、生まれた直後に髄膜炎の病気で死を覚悟した経験もあり、テーマは「生きる」にした。文章とレイアウト調整までこだわった。

 

語り口はイブちゃん1歳が、自分のことばで生きるよろこびを伝えているのだが、我ながらつくっててポロポロ涙を流してしまった。

 

とにかく、この「子どもの写真集を本気でつくる」行為は、その子と真剣に向き合う行為でもあるので非常にオススメ。

 

『IBUKI'S BIRTH』/『YUKI ARAI』
作者:新井文月
写真:peace studio+
A4ハードカバー マットコート
非売品

 

 

 

 

 

 

 

 


【アート】名刺デザイン businesscard design

I designed businesscard.

 

キャスティング会社の名刺をデザインしました。

 

私の友人ですが、CMと映画のキャスティングの仕事を15年続けた友人が独立し、新しく会社を立ち上げました。

 

デザインのご依頼で、会社のイメージが「とにかくオシャレでセンスがある」というご要望でしたので、その通りになるよう工夫してます。

 

まずモノトーンを基調として、その黒も近くで見ると様々な色が入ります。グリッドデザインはもちろん、黄金比と大和比での倍数でCMYKカラーも算出しました。これは化粧品やファッションなどハイブランドに必要な高級感が漂うように見える技術です。

 

また用紙には新楮紙という最高級和紙を使用しました。その分お値段も張りましたが、名刺を交換する際の「さわり心地がたまらない」との声をいただきました。

 

おかげさまで、この名刺は映画監督やエンターテインメント・広告業界の方達から評判が良いそうです。そういった声を聞くと嬉しいですね!!

 

 

デザインのご依頼はこちらから願いします。



links

CATEGORY

プロフィール

selected entries

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

弓と禅 改版
弓と禅 改版 (JUGEMレビュー »)
オイゲン・ヘリゲル
弓の達人と、その弟子ドイツ人のやりとりから見いだす禅の話

recommend

recommend

recommend

recommend

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM