金箔の貼り方 方法その1

日本では古くから金や銀などの金属が絵画の材料として用いられてきた。
現代はプラチナやアルミなども使用されている。

金箔をどう貼っていくか流れをざっくり説明すると、
1 まずは箔を選ぶ。
今回は純度100%の金ではなく、真鍮入りの洋箔。年月で色が変化するが、
その具合を楽しみたいので洋箔青口を購入。値段は50枚/1700円と意外にリーズナブル。



今回はこの「信長」の背景に金箔を張ってみる。



2 紙にロウを塗り、シールの台紙ように箔をピッタリと張りつける。
画面サイズを計算し、どれくらいの箔のセットが必要なのかを計算。
この絵は25号Mサイズなので、20枚と必要な枚数を用意。

ロウ塗りが面倒な場合は、すでに塗ってあるアカシ紙に金箔を載せると手間が省ける。
※画材屋はたまに古いアカシ紙を出す店がある。張り付きが悪いので、年数に注意しよう



3、必要な枚数分を用意し、その後は絵に膠(接着剤として)を水で薄めたものを三度塗りする。三度目に膠を塗った後、乾く前にすぐ箔を貼付ける。



箔と箔の間は少し被るくらいにすると隙間ができにくい。
もし余白ができた箇所は、余った箔をカッターで適度な大きさにカットして補強してよい。

つづく


【参加者募集】シャッターに絵を描く




9/24(日曜日)の昼〜夜までを作業日
としますので、お手伝いいただける方はお気軽にご参加下さい。
内容はヤスリ掛けとローラー&ハケによる下地塗装
です。最寄りは赤羽橋駅。場所がわからない方は私に連絡いただければと思います。1人でも初心者でも、ご参加お待ちしております。

【仲間募集】シャッターに絵を描く



このたび、
赤羽橋の商店街、靴屋さんのシャッターに絵を描く事となりました
人数がたりないので、お手伝いしていただける方を募集してます。

靴屋さんにお話を聞くと、現在のシャッターにも絵が描かれていますが、抽象画なのでぱっと見では何の店なのかわかりません。(かなり古くなっている)
とにかく、新しくわかりやすくして欲しいそうです。

制作の期限は商店街のお祭りがある10月1日まで。
まだ暑いので、9月に制作しようとしてます。お手伝いできる方はお声がけ下さい!(画材の買出し、スプレー塗り、ハケ塗りなど)今度は、商店街の名前を「アート通り」に変更したいそうです。


links

CATEGORY

はじめての方はこちら/当ブログの説明

selected entries

archives

recent trackback

  • 制度の歪みを利用『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方2015』
    天竺堂の本棚
  • 『ハウス・オブ・ヤマナカ―東洋の至宝を欧米に売った美術商』
    なおきさんのブログ
  • 【オススメ本】『かぜの科学―もっとも身近な病の生態』ジェニファー アッカーマン (早川書房)
    なおきさんのブログ

recommend

recommend

recommend

recommend

ノンフィクションはこれを読め!  - HONZが選んだ150冊
ノンフィクションはこれを読め! - HONZが選んだ150冊 (JUGEMレビュー »)
成毛 眞
科学・歴史など全ジャンル5000冊から読むべき150冊を紹介している。

recommend

弓と禅 改版
弓と禅 改版 (JUGEMレビュー »)
オイゲン・ヘリゲル
弓の達人と、その弟子ドイツ人のやりとりから見いだす禅の話

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

ヘンな日本美術史
ヘンな日本美術史 (JUGEMレビュー »)
山口晃
レビューはこちら
http://honz.jp/18495

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM