[書評]構造をデザインする『メカニックデザイナーの仕事論』

大河原 邦男
光文社
コメント: [書評]構造をデザインする『メカニックデザイナーの仕事論』

子供の頃、ガンダムのプラモを組み立てている際、モビルスーツとは別に飛行機であるコアファイターの部分が余っていたので、それと当時流行っていた「チョ ロQ」のゼンマイ機構を組み合わせていたことがある。勝手に「コアチョロQ!」と名づけ、それはウイングが格納しプルバック走行するオモチャで、我ながら 本格的だと興奮していた。男の子には、変形や合体する機械を見るとテンションが上がるDNAがあるのかもしれない。

本書は、数多くのアニメに携わってきたメカニックデザイナーが、40年以上に及ぶ仕事を振り返った一冊だ。タツノコプロでの修業時代や『機動戦士ガンダ ム』でのザクが誕生した思い出なども綴られている。その文体も「この超合金が、こうやって変形しますよ」と、普通に理解できるので、アニメやメカに詳しく ない人でも読みやすい。最近は東京五輪エンブレムや新国立競技場に関するデザインが問題視されているが、デザインの本質が問い直される風潮の中、本書には 打開策が随所に見つかる。

著者の大河原邦男はアパレルを経てタツノコプロに入社。『科学忍者隊ガッチャマン』でデビューし、以降メカニックデザイナーとして活動する。主な作品に 『タイムボカンシリーズ』『機動戦士ガンダム』『太陽の牙ダグラム』『装甲騎兵ボトムズ』『銀河漂流バイファム』『勇者エクスカイザー』『新機動戦記ガン ダムW』『機動戦士ガンダムSEED』などがある。どれかは耳にしているタイトルだろう。


構造のデザイン


メカニックデザイナーには2種類のタイプがあり、絵が好きなデザイナーと、メカが好きなデザイナーがいる。前者は見た目の格好良さに主軸をおくた め、見栄えは良いのだが360度立体視点で耐えれない場合が多い。だが、それだとプラモや玩具などにしたときに面がつながらなかったり、構造がおかしくて 腕が曲がらないなどの弊害が出てしまう。そして著者は完全に後者のメカが好きなデザイナーである。著者が心がけているのは、空想のアニメだから好き勝手に デザインしてよいのではなく、たとえアニメの世界であったとしても「嘘のないデザイン」をすることだ。

著者はメカを描くだけでなく、モックアップ(模型)を作ることでも知られる。アトリエの隣にはオリジナルの工房があり、施盤、プラズマ切断機、レーザー加 工機、アルゴン溶接機なども揃っており、iPhone用スピーカーやボールペンなどは自分で製造できる。(通称:大河原ファクトリー)。そのモックアップ は非常に重要な要素で、玩具メーカーに「これが変形して、合体します。これは子供は喜びますよ」といったプレゼンテーションもできる。本来は玩具メーカー の仕事であるが、メカ全盛期の当時は、超合金玩具のウリだった変形や合体の検証にも役立ち、スポンサーやプロデューサーへの説明に都合がよかった。機械に 囲まれた中、想像しているだけで楽しいという著者は、文章から本当にものづくりが好きな愛が伝わってくる。

タツノコプロに入社した当時は先輩メカデザイナーである中村光毅の下で背景を描いていたが、やがてメカのデザインを担当するようになる。著者は中村氏に対 してすぐに「あ、この人には一生かなわないな」と感じたそうだ。絵を描いているとわかるのだが、線一本で絵の上手い下手というのはわかるものである。うま い人は、あらかじめそこにある線がわかっていたかのように、迷いなくサッと引く。著者も、その核の違いがわかる人だった。「中村さんの描く線はまさにそれ だった」と語り、さらには「この世には、いくら努力しても決して埋まらない差というものがあるんですよ」とも加えている。

では絶対的なセンスの差をどこでカバーするのかというと、著者の場合は構造であった。そこからアニメ特有の誇張も加えていく。特に主役メカのデザイ ンには「こけおどし」が必要になってくる。例えば日本の甲冑、西洋甲冑の形状は敵を威圧する効果がある。鎧兜を見ていると重そうで実践には不向きだけど、 とても強そうに見える。
 

角や肩など。その姿を見て敵の武将は強そうだなと恐れおののくのです。その派手さが重要なのです。

たしかに兜には立物とよばれる装飾部分がついていて、額の左右に飛び出した角なんて戦いには役にたたなそうだけど、あると強そうだ。ガンダムにも角はあるし、ボディと肩は裃のようにも見える。著者はこうしたデザインのヒントを常に探している。そういった真摯な態度も仕事に結びついているのだろう。

決して仕事は断らず、また締め切りを守るなど、著者は仕事請負人のような印象だ。しかし、一度それらは形になり玩具になると、監督もスポンサーサイドも喜 ぶ。没頭できるもの、人の出会い、偶然携わるようになったアニメやオモチャという形によって、著者の創造物は世界中のファンと繋がるようになった。

著者は本書について、アニメや実際にガンダムに興味をもたない人達が読んで「仕事とは何か」「ものを作るとは」を考えるきっかけになってほしいと 願っている。もちろん懐かしいロボやメカも登場するので、子供時代に心ときめいたデザインも登場しワクワクもする。長く続くヒットの裏には、普遍的な仕事 についてのヒントが満載であった。 


オススメ本『チャップリンとヒトラー』イメージ大戦

本書は史実を丹念に追いながら、チャップリンとヒトラーのメディア戦争の実相を暴く一冊だ。同時に、それはネット社会の現代を生きる私たちにとって非常に切実な課題を突き付ける。はたして、迫り来る全体主義の恐怖の中で「笑い」という武器しか持たないチャップリンはいかにして悪夢の独裁者と闘ったのか。

「喜劇王」と呼ばれるチャールズ・チャップリンは1889年4月16日に誕生した。世界中を震撼させたアドルフ・ヒトラーも同年4月20日、同じ週わずか4日違いで誕生している。

運命のいたずらか20世紀に最も愛された男と、最も憎まれた男は、偶然にも同じちょび髭をシンボルとしていた。うねる戦乱の渦のなか、それぞれ異質の才能を発揮し20世紀のモンスターへと変化していったが、両者はやがてイメージという武器でメディアの戦場に登壇する。ヒトラーにとってイメージとは、戦車や爆撃機と同じまたはそれ以上に重要な武器なのだ。

チャップリンは街中が戦争を礼讃するロンドンで生まれ育ち、1歳の時すでに両親が離婚。舞台女優である母親と一緒に暮らしていた。生活は極貧だったが、彼の言葉によると「偏執的愛国心」の虚しい観念に染まることはなく、母から授かったユーモアに満ちた人間味溢れる愛に支えられ成長した。あるとき、熱を出して寝ていたチャップリンに母がキリストの生涯を迫真の演技で演じたことがあり、幼いチャップリンは感動のあまり声をあげて泣いたそうだが、この体験がチャップリンの人生を貫く戦争観となったのかもしれない。晩年チャップリンは「暗い部屋で、生まれてはじめて暖かい灯を私の胸にともしてくれた。その灯とは、演劇や文学の主題となるもの、すなわち愛、憐れみ、そして人間の心だった」と記している。

今でこそ歴史的な名作と賞賛されているチャップリンの『独裁者』だが、当時は発表不可能と呼ばれた問題作でもある。制作当時のアメリカでは、ヒトラーを「ドイツを苦境から救った力強い指導者」と英雄視する傾向もあり、かつ反ユダヤ主義が根強い状況下、さまざまな批判と対立の圧力の中で撮影が進んだ。『独裁者』はユダヤ人の床屋がヒンケルという独裁者として演説を行うラストシーンがあるが、ヒンケルの衣装を着るとチャップリンは撮影時以外でも罵倒する口調になっていたという。

本書はNGフィルムやチャップリン家の所蔵品、膨大な情報と資料を網羅している。日本人だが海外でも名高いチャップリン研究者であり、チャップリンの遺族ともコンタクトし許可を得ている。文体はニュートラルな視点から、ダイナミックにチャップリンの人生の核心に迫るまでの幅の広さがある。

興味深いことに、ヒトラーとチャップリンはともに芸術家を目指していた。ヒトラーは青年期に画家を志しており、自らを「ずばぬけて絵がうまかった」と自画自賛している。しかし18歳の時から二年連続でウィーン造形美術アカデミー受験に落ちている。残された絵を見る限りでは、線の細いデッサンでおとなしい色使いであり、独創性や力強さに欠けたのだろうか。
だが芸術家とは強烈な自己顕示欲も同時に持つ。この後、ヒトラーはエゴン・シーレらが自分と違いアカデミーに迎えられた事について憤りを抱き、怨恨をエネルギーを変え、独裁者となると徹底的に彼らとアカデミーを弾圧下に置いている。そのままヒトラーはでっち上げの罪状、世論の統制、メディアキャンペーンによりチャップリンの映画を完全に排除しようとする。

また本書装丁はモノトーンを基調に使用する色は赤のみだ。赤はもちろんハーケンクロイツのシンボルを彷彿とさせる。『ライムライト』などチャップリンの映画はモノクロだが、それらシーンはモノトーンから想像できる装丁だ。

本書を読みすすめていくと、困難な状況に抗ってチャップリンが作り上げた事実は、やがてグローバリズムが世界を席巻し、テロや紛争が映像からインターネットによって戦場が頻繁に映る現代に一致していく。二十一世紀に生きる私たちにとって、多くのヒントを与えてくれるはずだ。


クリエイティブ向けオススメ本『荒木飛呂彦の漫画術』

 1980年代、週間少年ジャンプは『ドラゴンボール』、『キャプテン翼』、『聖闘士星矢』、『キン肉マン』など黄金タイトルが並んでいた。その中で『ジョジョの奇妙な冒険』は異色の漫画に思えた。しかし十数年の時を経て、それは大きな間違いだと気づいた。著者の荒木飛呂彦は連載当時から王道漫画を描いていたのだ。

本書は全く人気が衰えることのない長期連載漫画『ジョジョの奇妙な冒険』の作者、荒木飛呂彦による漫画の描き方の解説本である。これまで明かすことの無かった漫画制作の秘密を、作品を題材にしながら披瀝している。

また著者は「漫画は最強の総合芸術」と断言し、漫画以外の創作活動に活かせる話も本書は満載である。クリエイティブな人間にとって必携の一冊と言える。例えば絵を描く際に必要な「美の黄金比」や、ヘミングウェイに学んだストーリー作りなど具体的な方法論が解説されている。

著者はこれらの方法論を「道に迷わないための地図」とし、2007年に東北大学で講演している。基本構成として、「キャラクター」「ストーリー」「世界観」「テーマ」を基本4大構造とし、「絵」という最強のツールで統括、セリフという言葉で補うといった、きわめて具体的な方法論を展開している。

特にキャラクターは重要で、著者がキャラクターを創造する際には、必ず身上調査書を作っている。身上調査票とはキャラの身長、血液型、過去ダメージを受けた傷、口グセなどが書かれたプロファイルである。この「キャラクター造型のための身上調査書」の話は、NHK高校講座といったテレビ出演の際に自身の口から語られていた内容だが、今回はそれらがより体系的に解説されている。

中でも興味深いのは、ストーリーにおいて主人公はつねにプラスで上がっていくべきだ、としている設定。週刊連載の都合もあるかもしれないが、勝って終わるプラスの状態で話が終わらないと読者がマイナスの気分になってしまう。主人公が壁にぶつかり、そこから這い上がる設定というのは一種のカタルシスであり良さそうに思えるが、著者はそれではダメだという。壁にぶつかる設定や、プラスマイナスの変動もNG。マイナスの状態から始まり上昇するのはOKといった具合である。そのためトーナメント式に勝ち進む漫画は人気はあるが、話の構造的にインフレしやすいという弱点もある。

キャラクターの魅力について、『ドラゴンボール』の孫悟空や、ジョジョ第3部の承太郎等、人気キャラクターがなぜ人気なのかも詳しく解説されている。逆に人気の無いキャラクターは何故人気が無いのかも解明される。

著者は論理的な人間という印象が強い。天才と呼ぶ人は多いが、かなり合理的かつ論理的に描き進める印象だ。逆にこの緻密さゆえに、違和感ない破天荒なキャラやセリフを生みだせるのかもしれない。また一方で、この本はロジカルながらどこか熱く、ジョジョキャラを彷彿とさせる描写を文体から匂わせる。実際に、感情移入のあまり、キャラクターが死ぬと愛情込めて描いてきた著者も涙してしまうらしい。

ここまで『ジョジョの奇妙な冒険』が長く読まれている理由は、その才だけではなく不断の努力の積み重ねだろう。漫画家を目指す人や原稿を書いている人にとっては、必読であること間違いない。それに留まらず今後の漫画界のレベルを引き上げる内容だ。創作において非常に有益な内容であることは明白だが、あとがきでクリエイティブな人間に対し、重要なメッセージが込められているので、そちらも確認していただきたい。

しかし本とは、つくづく投資効率が高いツールである。こんなにも含蓄ある内容を800円で販売するのだから。


links

CATEGORY

プロフィール

selected entries

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

弓と禅 改版
弓と禅 改版 (JUGEMレビュー »)
オイゲン・ヘリゲル
弓の達人と、その弟子ドイツ人のやりとりから見いだす禅の話

recommend

recommend

recommend

recommend

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM