『弓と禅 改版』

オイゲン・ヘリゲル
福村出版

禅問答

弓道場は心がすずやかになれる場所だ。花や茶の道と同じく幽玄の世界を垣間見る事ができ、その間は普段の仕事や日常生活を切り離すことができる。

著者は大正時代の終わりに大学教授として日本に滞在していたドイツ哲学者である。映画『ベスト・キッド』ではないが、師範の元で鍛錬を通じ禅を学ぶ記録となっている。ここで登場する弓矢の名人とは、剣聖ならぬ弓聖と称された阿波研造。彼の射法はテクニックではなく精神性を突き詰めた事で名高い。しかし理屈が先攻する著者と、体現で諭そうとする師では禅問答においてすぐに衝突してしまう。

師による教えは「空と一体になる」など言葉が漠然としており、かつ難解だ。私も段位を所持している。著者と同様に言わんとする事はぼんやり想像できるが、体現はなかなかできない。ただ弓の知識がなくとも、読み手に「諸行無常」や「無」などの興味があれば絶対に面白い内容なのでオススメである。

さらには以下の「的を狙うな」の話はとても興味深い。もちろん信じられない人もいるだろうが、私は奇跡を信じる人間だ。

矢が的に当たらない日々が続くヘリゲルに対し、ある日師は「あなたは的を狙いすぎている」と伝える。弓矢とは、一体になった境地の時に既に矢は放たれ結果的に命中しているものだと説く。

ヘリゲルは理解できない。「では、師は目隠ししていても当てるのですね」と食いかかる。しかしその言葉には動じず、悠然と言う「今晩、私の家を訪ねなさい」。答えは家の庭にある弓道場で証明された。漆黒の中、30m先の的近くに蚊取り線香を炊き、師はいつもどおり矢を放つ。すると直後に闇のむこうででタン!と命中音が聞こえた。

「ここまでは技術により出来る事。これからさらに上の世界をみせる」

再度、暗闇の中に矢を放つ。先程とは違いガキッと鈍い音を立てた。実は2本目の矢は1本目に刺さったの筈(はず:矢の後方部分)に命中していたのである。衝撃を受けたヘリゲルは以降、さらに修練を積むようになったという。

今のは本書で紹介している禅問答の一部である。他にもどんどん紹介したいが、現代に通じる普遍の教えが多数ある読み応え充分だ。だが悲しいかな、このような良書は国内では弓道関係者しか知られてない場合が多く、むしろ海外のほうが認知度が高い。(ドイツ人達と話をすると案外ヘリゲルの話題がでてくる)日本人が持つ禅/幽玄の世界に浸れる数少ない一冊なのだ。

「本のキュレーター勉強会」第2回

2月2日、第2回目「本のキュレーター勉強会」が行われました。栗下さんはインフエンザの為お休み。お身体ご慈愛下さい。

さて今回も赤坂インスパイアに朝7:00に集合し、たっぷり濃い2時間となりました。まず課題図書である『警察の誕生 (集英社新書)』の書評感想シェア。そして、各自選定した書評とオススメ本を紹介する流れとなります。そしてこの時間、どっぷり濃ゆいのなんの。

まず皆持ってる量が普通ではない。そして「この装丁が〜」「ノンブルが〜」「この出版社てそうだよね」等、なんか本の内容以前の段階で熱くなってます。東えりかさんなど「本が反ってる」とか一緒になって熱く語るあたり、本好きが集まるよき時間だなあと感じます。参加者の話題は多岐に渡り、オートポエーシス、フーシェ、文科省、物理学、江戸の地図(成毛さん)などネタがつきません。

そして持参するオススメ本が何冊も被る始末。なんで!?世の中こんなに本が販売されているのに!という事で前回からさらにパワーアップした時間で終了。途中、山下さんによるツィッターのおかげで、オンタイムで話題も反映されました。次回の課題図書は土屋さんが紹介してくれた『閃け!棋士に挑むコンピュータ』です。今後とも宜しくお願い致します。

※ちなみに当ブログでは1記事につき3冊までの本掲載なのです。ショーーック!

『警察の誕生 (集英社新書)』

警察という言葉を聞くと、ドラマや映画などで活躍する捜査追跡のイメージであったり、実際の生活では派出所のお巡りさん(巡査)であろうか。今でこそ印象は安心や憧れの対象となっているが、ここにたどり着くまでにはドロドロした歴史を歩んでいる。警察組織は王権や教会、都市といった様々な権力機構と密接な関係で誕生しており、本書では国家が繁栄する過程の過酷な中で誕生した警察の歴史を、ユニークなエピソードをふまえて紹介している。

著者の菊池良生はオーストリア文学を専攻し、ヨーロッパ王朝史に精通する明治大学教授である。本書のアプローチとして各国の警察誕生の瞬間を探りながら、近代ヨーロッパ成立に至る過程を証明していく。範囲は古代オリエントからローマ、ヨーロッパ、日本など世界各国の警察の成り立ちを網羅している。共通している流れとしては、各国の警察が誕生する理由は市民の安全では無いのである。まず王室や政府・教会を反乱者から守る事からはじまる。

そして誕生したばかりである警察組織の末端連中はきまって低賃金だ。それで何故士気が保てるのか疑問に思うが、各国の人間性をふまえ上手くやっている仕組みを紹介している。

印象的なのは江戸の警察組織だ。江戸の治安は密告によって保たれる。当時、江戸幕府の警察にかける予算は年間総量で金二千両。現在でいうと約4億。この金額は人口数千人の村役場でも足りない金額だ。当時の町人は五十万人なので、その治安をカバーするにはあまりにもお寒い金額なのである。役人や町奉行の数も少なく、「鬼平犯科帳」で有名な火付盗賊改は予想を遥かに超えてたった30〜40名の陣容。そして江戸の犯罪メインは泥棒。どう治安を維持するのか不安の中、自然発生的に「引き合い」システムが生まれる。引き合いとは目明し(警察)が、被害者から賄賂をもらう今の日本から想像もできない行為である。

発生する理由として、被害者は差し紙(召喚状)が来れば必ず町役人である家主5人組に同行してもらわなければならない。引き合いは捕らえた盗人から前科の盗みを聞き出し、被害者を訪ね、「訴え出れば一日がかりの御白洲(裁判)で一日がかりの上、町役人への礼代もかかる。これ以上負担を増やしたくなければ、黙っているから心づけを」と囁くのである。ヒドい世の中である。この点当時のイギリスも同様であり、民間人が訴えるのには裁判の費用を負担しなければならない。たいした被害がなければ泣き寝入りしたほうがよっぽどましな世の中であった。今の日本に生まれて良かった。

だが、おかげで引き合いはせっせと盗人をつかまえようとする。被害者はたまったものではないが、「自分の身は自分で守る」といった所か。治安はどんどん良くなっていく。その他、兵舎で売春宿を経営するウィーンの世知辛い警察事情や、大犯罪者が局長になるおかしなパリ警察の例など驚きながら各国の警察の成り立ちが理解できる一冊だ。



links

CATEGORY

はじめての方はこちら/当ブログの説明

selected entries

archives

recent trackback

  • 制度の歪みを利用『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方2015』
    天竺堂の本棚
  • 『ハウス・オブ・ヤマナカ―東洋の至宝を欧米に売った美術商』
    なおきさんのブログ
  • 【オススメ本】『かぜの科学―もっとも身近な病の生態』ジェニファー アッカーマン (早川書房)
    なおきさんのブログ

recommend

recommend

recommend

recommend

ノンフィクションはこれを読め!  - HONZが選んだ150冊
ノンフィクションはこれを読め! - HONZが選んだ150冊 (JUGEMレビュー »)
成毛 眞
科学・歴史など全ジャンル5000冊から読むべき150冊を紹介している。

recommend

弓と禅 改版
弓と禅 改版 (JUGEMレビュー »)
オイゲン・ヘリゲル
弓の達人と、その弟子ドイツ人のやりとりから見いだす禅の話

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

ヘンな日本美術史
ヘンな日本美術史 (JUGEMレビュー »)
山口晃
レビューはこちら
http://honz.jp/18495

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM