上海紀行 その1 〜中国経済〜


2013.7.11〜家族で上海旅行してきました!
中国大丈夫かいな?と出発前に周囲に心配されましたが、南アフリカやエジプトなどと比較しても、アートシーン、食事、名所含めレベル高い思い出になりました。

写真は最終日に描いた龍のイメージです。(右上の発光部分が眼)中国は火のエネルギーが強いですね。詳しくは最後に。

上海は実は羽田から2.5時間でいける穴場スポットです。小さい子どもがいる家族でも、飛行機の中で寝ていれば気軽にいけます。

値段は39800円ほどでかなりリーズナブルな旅行ができます。私達はそれより少し高めのプランでしたが、それでもオプションの虹橋ホテルは充分すぎるほど快適でした

空港ではタクシーがバンバン到着し、次々と乗車していきますが、それでも100mは並んでいます。経済に敏感な奥さんは、中国のバブルを感じていました。

2013年国内では結構中国の極端なメディアが流れていますが、多くの中国人達は日本を相手にしていないようです。というか自国12億の人口をまとめるのに忙しい印象です。中国に10年以上在住し、上海にサロンを経営しているゆかりさん(日本人)は詳しく案内してくれました。

地震も少ないため、100階以上のビルも多くあります繁華街である外灘(ワイタン)での夜景はとにかくバブリー。もはや上海で、いまどき人民服着て自転車に乗っている中国人はいません。




初日の夜は古代建築様式が残る街、豫園(ユィーユエン)の鼎泰豐(ディンタイフォン)で食べました。ここの小籠包は絶品で、いちど味わうと日本ではもう小籠包が食べれないとブーイングがくるとの事でした。

ホンマかい!と思いながら箸で穴をあけ黒豚のスープがでてきたらちゅるっとすすり、さらに酢と醤油につけてショウガを乗せて食べると、


絶品!ウマい!

デザートに登場する巨大かき氷も、さらさらときめ細かく、あんみつ風味が本当に美味しい。


(ご案内いただいた:竹平ゆかり氏)

なんか、エジプト紀行とくらべて、フツーの旅行記になってますが

つづく





エジプト紀行 その7 〜エピローグ〜

情熱と感動で綴ったエジプト紀行のラストです。

2/26、GIZA PYRAMIDS(ギザのピラミッド)にもう一度訪れました。

〜ピラミッドのフタの話〜
キャップストーンという石があります。古代ピラミッドの頂上部についていたもので、現在はありません。古代ピラミッドは、そのフタありきで機能し、その時は未来が見えるとされていました。歴史上、ある人物がそれを利用し連戦連勝を重ねましたが、エジプト政府上層部はキャップストーンを別の場所に移動させたと言われてます。

ギザのグレートピラミッドとキャップストーン

EGYPTIAN MUSEUM(エジプト美術館)
バスで美術館に向かいます車内では、カイロ大学卒の日本語が話るガイドさんがエジプトについて説明してくれました

人口は約8000万人で〜
ナイル川は6675kmあるそうで〜
ガソリンスタンドでは6時間待つそうですが、値段は30円/Lで〜

別にいいんだけど、エジプトツアー最終日に基礎を知るOH

とかいっている間に、美術館につきました。
 

ここでは写真はNGです。有名な「ツタンカーメン黄金のマスク」もあり、古代人のレリーフも無数にありました。人物画のヒントになりそうです

そして。。立っているだけで両側の棺桶から癒される日本でいう神社の入り口ような場所がありました。ハイパワー棺桶サンドイッチ と呼んでおこう。


2/27、カイロ→東京 飛行機

飛行機の中でこの旅を振り返りました。グラハム・ハンコック著『神々の指紋』ではありませんが、仮に本を上梓したらトンデモ本になるだろうな的内容を知ることになります。でもそれを知っていることが大事ではないと思います。

エジプト紀行の最初に紹介した絵ですが、これは
ピラミッドを貸し切って瞑想した時に見えたイメージです。



・ちなみにエジプトレリーフにはアンクがよくでてきます。その意味は
右は感情
下は精神
左は肉体
上のマルはを示していたと思います。

今回の旅の重要な目的である★仲間作り&お互い認め合う
もどうやら達成されたようです。そのため家族と、まわりの仲間までクリーンになる効果があります。そして自分ポテンシャル覚醒!ギャーーーーース!

こんだけ毎日ドバドバっとパワーもらってれば、誰でも目覚めますわ!


ありがとう、、エジプト、、

そして、ここまで読んでくださった方、本当にありがとうございます!
この紀行ブログは、私なりにエジプトで得たパワーを、画像と文章に入れたつもりです

ではでは!!よい一日を!

おわり
3次元 今を天国 至福
4次元 霊オーブ
5次元 天使の世界 契約
6次元 アセンデットマスター 神
13次元も存在するらしい
意識が上昇すればいいだけだ(^^)と寝ている間も、24時間オートで霊オーブが守ってくれました。ありがとうございます。
グラハム・ハンコック著『神々の指紋』

エジプト紀行 その6 〜ピラミッドとスフィンクス〜

いよいよエジプト紀行のクライマックス
2/25、今回の目玉GIZA(ギザ)ピラミッドとスフィンクスに向かいます
でも実は宿泊しているホテルからピラミッドは見えてました。。


ホテルのゴージャス朝食もいよいよ最後か。。

ビュッフェは、必ずドカ食いしてますゆで卵は3個くらいパクっと。


そして、プールまであるんですよ。
早く出発すればいいのに、ひと泳ぎ
夜中に1人で泳ぐくららい私はプールが大好きなので、しょっちゅう入ってます。


いよいよ出発!
クフ王のピラミッドが見えてきました!
なんだか明るい未来を想像しちゃいますね


ラクダもいます
ちなみにイハブさんから、「ぼったくりだから、声をかけられても無視してね」
強く言われました。


ピラミッドの中は中腰で移動です。
今回は2時間貸切コースです!2ジカーン!(強調
ヘッドライト必須です。


途中、上がっているんだか下っているんだか錯覚がおきます。
いよいよ王の間に到達。声と息が反響します。

ここでは棺桶の中に横になって入りました。
そして全ての照明をおとしてもらいました。
目を開いても真の闇状態です。



ぴちゃ

途中水の音が一滴たれる音が聞こえました
どこまでも波紋が広がる感覚です。

ピラミッドは実は菱形とも呼ばれています。
8角形の噂がありますが、それは地上に見える部分の話でなく、
地下を入れると8面のダイス状になっているそうです。

なんというか、宇宙のパワー、水や火など原子や分子、全ての要素がつまっている気がしました。そこに人間の意思が加わり生命ができるのでしょう。

王妃の部屋にもいきましたが、これダミーですね。

外に出て、スフィンクスに向かいます。
教授の背中が渋い。


発見された当初は、頭だけ地上に出ていたそうです。
巨大なボディ部分は後から掘り起こしました。


スフィンクスのまわりには柵があり、通常触れませんが
最後の貸切カードを使いましたはー南無南無。


それぞれの場所に意味があります
前左足は悠久の大きさを感じる所、
前右足は将来の自分について考える所、
後右足はカルマの解放、
左足は五感が敏感になる所、
尻尾はスフィンクスそのままのエネルギーを感じる所です。



そしてフロントの両前足の間の位置は自信
王の資格があるか試される所らしかったですよ。

教授とは、ここでお別れでした。
いろいろ解説ありがとうございます。前もってホテルで描いておいた絵をプレゼントしました。


こちらはイハブさんに。


なんというか、リア充もここまでくると他の人に優しくなれそうです。


絶対ウソだろと思いながらベンツのバスでホテルへ。

次はフィナーレ



links

CATEGORY

はじめての方はこちら/当ブログの説明

selected entries

archives

recent trackback

  • 制度の歪みを利用『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方2015』
    天竺堂の本棚
  • 『ハウス・オブ・ヤマナカ―東洋の至宝を欧米に売った美術商』
    なおきさんのブログ
  • 『かぜの科学―もっとも身近な病の生態』ジェニファー アッカーマン (早川書房)
    なおきさんのブログ

recommend

recommend

recommend

recommend

ノンフィクションはこれを読め!  - HONZが選んだ150冊
ノンフィクションはこれを読め! - HONZが選んだ150冊 (JUGEMレビュー »)
成毛 眞
科学・歴史など全ジャンル5000冊から読むべき150冊を紹介している。

recommend

弓と禅 改版
弓と禅 改版 (JUGEMレビュー »)
オイゲン・ヘリゲル
弓の達人と、その弟子ドイツ人のやりとりから見いだす禅の話

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

ヘンな日本美術史
ヘンな日本美術史 (JUGEMレビュー »)
山口晃
レビューはこちら
http://honz.jp/18495

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM