『築地市場: 絵でみる魚市場の一日』日本版スターウォーズか

サンマ、アジ、キンメダイ、伊勢エビ、ウニ。真夜中、港に水あげされた魚介類がトラック約8000台で運ばれてくる。

これまで約80年にわたって日本人の食を支えつづけた世界最大規模の魚市場、築地市場。その全貌を、本書は水彩のイラストとともに解説している。物品の搬入、競り、仲卸、マグロ卸などひとつひとつの流れが丁寧に説明されているので、自分たちの食卓に魚はこうして届くんだと自然と理解できる。

著者のモリナガ・ヨウ氏は『プラモ迷宮日記』、や『ワールドタンクミュージアム図鑑』などでも有名なイラストレーター。玩具メーカータカラトミーのプラモに付属する解説書の絵で知る人も多いのではないか。ティーガー1 後期型のフォルムや、搭乗する兵士の装備などは著者のおかげで知ることができた。筆者の文体は、のんびりしているようで詳しい。ご本人にあったわけではないが、描く線からは著者の素朴かつ実直な人格がにじみ出ている。


 
ⓒMORINAGA YOH

イラストの臨場感は抜群である。この見開きは、マグロのせりがはじまるところ。マグロの量にも驚くが、読んでいると卸業者と仲卸業者の熱気が伝わり、市場の活気と速度に圧倒されてしまう。

 
ⓒMORINAGA YOH
仲卸の店の様子。絵の利点は適度に整理された情報を、一瞬で読者に届けられる点だろう。そのため絵描きはすでに情報キュレーターの役割を担っているのかもしれない。新鮮さをそこなわないよう用意された膨大な量の発泡スチロールも、昼には片付くから驚きだ。保温技術が進んだことで、以前は港近くでしか食べられなかったサンマの刺身も、全国どこでも食べられるようになった。

 

ⓒMORINAGA YOH
 

中央の黄色い運搬車がターレット式構内運搬自動車。通称ターレは築地市場の顔ともいえる乗り物だ。私も早朝の築地に訪れたことがあるが、ターレは築地の活気を表しているような気がする。独特のフォルムで、信号もない通路を合図もなく素早く走り回っていた。この見開き解説図の構図は、著者にとってお手のもので、各運搬車のバッテリーなどもディテールが正確に再現されており、さながら社会見学のように安心して眺めることができる。

これらの解説の漢字にはルビがふられている。つまり子供と一緒に図鑑的に読めるのだ。私は息子と読んでいたが、ターレのことを「スターウォーズみたい」と言っていた。確かに丸いラインや洗練されたデザインは近未来的かもしれない。

また本書のカバーを外せば見開き4ページで築地市場の全貌が現れる仕掛けだ。いま築地は多くの外国人観光客で訪れるが、皆カメラを持って目を見開いて眺めている。それはそうだろう。

しかし、こんな魅力的な築地市場も2016年に豊洲への移転が計画されている。ぜひ本書を読んで、今のうち現地に足を運んでもらいたい。 


 

無常のブルー『TRUK LAGOON トラック諸島 閉じ込められた記憶』

深遠な海の中に身を沈めれば、無重力の浮遊感。
目の前には鮮やかな魚達が横切り、好奇心旺盛なイルカや色とりどりのサンゴ礁、人間よりも遥かに大きく愛嬌のあるマンタやジンベエザメなど。ダイビングは、陸上では味わえない世界を堪能できる。

一方、太平洋戦争時の旧日本軍の重要拠点であるミクロネシア連邦チューク州。旧トラック諸島と呼ばれたこの地は空襲により2日で壊滅した。現在、存在するのは戦火に撃沈した戦艦や商船。チューク島はいま大きく変化している。


富士川丸(海軍特設運送船/6,938トン)の船首

本書はトラック空襲により海に沈んだ船にフォーカスした写真集だ。商船として生まれながらも、徴傭された軍用船や戦艦、米国のトラック大空襲で沈んだもの40隻余。それらを水中写真家である著者が9年の間撮影し、少しずつ記憶を紡いできた。

著者は水中写真家、古見きゅう。日経ナショナル ジオグラフィック写真賞にて優秀賞を受賞。世界を旅し、一年の3分の2は海に潜っているという。ダイビングの中でも、レックダイビング(沈船ダイビング)の名所として、チューク島と出会ってからは、この島のすべての沈船に潜り写真として記録しようと決意した。

チューク諸島は第二次世界大戦末期の昭和19年、日本の艦船や航空機が米軍の攻撃をうけて沈没している場所だ。現状で把握されている沈船は航空機と42隻。これらの船には多くの船員が乗り込んでいたが、その遺骨は1980年後半にやっと引き上げられた。雨や風、直射日光の影響がほぼない海中は保存状態が安定しているため、陸上の戦跡に比べると相対的に長持ちする。だが著者が見る限り、この70年の歳月はあまりにも長く、この後チューク島の沈船がいつまでも姿をとどめようとしている保障はない。著者は現状を記録するため生命をかけて向かい合う。

本書の構成はチューク島の綺麗な写真からはじまるが、ページをめくるにつれ対比的に、深く暗い海とともに鉄も錆びて荒廃した船の姿が現れる。写真からは、沈船の姿が時を経て大きく崩れつつあるのが伝わってくる。 




桑港丸(海軍特設運送船/5,341トン)に積載していた九五式軽戦車

基本的なレジャーでのスキューバダイビングで潜る深さは1020mほど。当然のことながら、チューク島に現存する沈船は水深が異なる。水深70mを超える場所に位置する葛城山丸などは、ディープダイブの経験がないと命の危険がある。この深さは窒素分圧が高まる窒素酔い(フワフワと気持ちよくなる、視野が狭くなる、など酒に酔ったような麻酔作用のある状態)や、減圧症(身体における窒素の排出が間に合わず、体内組織に気泡として残り、各器官に障害をもたらす)を起こしやすいのだ。


文月 (軍用駆逐艦/1,315トン)に残されていた文書


艦内にあるこの文書は写真で収めた当時は存在したが、今はもうない。これは昭和19年ラバウルにて攻撃をうけ損傷、修理のためトラックに入港し2月17日の大空襲を受け沈没した軍用駆逐艦での写真だ。空き瓶、靴、銃弾などはもちろん経年劣化もあるが、むやみに触れれば簡単に崩れてしまう。花と同様、朽ちゆくものはときに美しくはかない。偶然にも私の名と同一

本書の装丁は、四辺を黒で縁取りしているため、沈船の記憶を閉じ込めているようにも見える。海底に今なお眠る無数の船は、これからも消滅の道を辿るが、本書を開けば、いつでも沈船の記憶に触れることができる。こうした海中の臨場感まで引き立てられるデザインは、多くのダイビング写真集には見あたらない。デザイナーの面目躍如といえるだろう。

さらにこの本は写真のみならず、住民の2割は日本との血のつながりがあるというチューク島に住む彼等へのインタビュー、船のスペック含めた歴史的背景も学ぶことができる。写真好き、海好きはもちろん、歴史から何かを学ぶセンスを持つ方には特におススメの一冊だ。



写真:りおで志゛やねろ丸(海軍特設運送船/9,626トン) 機関室内の時計


古見 きゅう 写真展:TRUK LAGOON 閉じ込められた記憶
キヤノンギャラリー銀座/札幌/梅田
http://cweb.canon.jp/gallery/archive/furumi-truklagoon/
※掲載されている写真は全て著者本人より承諾済

[書評]構造をデザインする『メカニックデザイナーの仕事論』

大河原 邦男
光文社
コメント: [書評]構造をデザインする『メカニックデザイナーの仕事論』

子供の頃、ガンダムのプラモを組み立てている際、モビルスーツとは別に飛行機であるコアファイターの部分が余っていたので、それと当時流行っていた「チョ ロQ」のゼンマイ機構を組み合わせていたことがある。勝手に「コアチョロQ!」と名づけ、それはウイングが格納しプルバック走行するオモチャで、我ながら 本格的だと興奮していた。男の子には、変形や合体する機械を見るとテンションが上がるDNAがあるのかもしれない。

本書は、数多くのアニメに携わってきたメカニックデザイナーが、40年以上に及ぶ仕事を振り返った一冊だ。タツノコプロでの修業時代や『機動戦士ガンダ ム』でのザクが誕生した思い出なども綴られている。その文体も「この超合金が、こうやって変形しますよ」と、普通に理解できるので、アニメやメカに詳しく ない人でも読みやすい。最近は東京五輪エンブレムや新国立競技場に関するデザインが問題視されているが、デザインの本質が問い直される風潮の中、本書には 打開策が随所に見つかる。

著者の大河原邦男はアパレルを経てタツノコプロに入社。『科学忍者隊ガッチャマン』でデビューし、以降メカニックデザイナーとして活動する。主な作品に 『タイムボカンシリーズ』『機動戦士ガンダム』『太陽の牙ダグラム』『装甲騎兵ボトムズ』『銀河漂流バイファム』『勇者エクスカイザー』『新機動戦記ガン ダムW』『機動戦士ガンダムSEED』などがある。どれかは耳にしているタイトルだろう。


構造のデザイン


メカニックデザイナーには2種類のタイプがあり、絵が好きなデザイナーと、メカが好きなデザイナーがいる。前者は見た目の格好良さに主軸をおくた め、見栄えは良いのだが360度立体視点で耐えれない場合が多い。だが、それだとプラモや玩具などにしたときに面がつながらなかったり、構造がおかしくて 腕が曲がらないなどの弊害が出てしまう。そして著者は完全に後者のメカが好きなデザイナーである。著者が心がけているのは、空想のアニメだから好き勝手に デザインしてよいのではなく、たとえアニメの世界であったとしても「嘘のないデザイン」をすることだ。

著者はメカを描くだけでなく、モックアップ(模型)を作ることでも知られる。アトリエの隣にはオリジナルの工房があり、施盤、プラズマ切断機、レーザー加 工機、アルゴン溶接機なども揃っており、iPhone用スピーカーやボールペンなどは自分で製造できる。(通称:大河原ファクトリー)。そのモックアップ は非常に重要な要素で、玩具メーカーに「これが変形して、合体します。これは子供は喜びますよ」といったプレゼンテーションもできる。本来は玩具メーカー の仕事であるが、メカ全盛期の当時は、超合金玩具のウリだった変形や合体の検証にも役立ち、スポンサーやプロデューサーへの説明に都合がよかった。機械に 囲まれた中、想像しているだけで楽しいという著者は、文章から本当にものづくりが好きな愛が伝わってくる。

タツノコプロに入社した当時は先輩メカデザイナーである中村光毅の下で背景を描いていたが、やがてメカのデザインを担当するようになる。著者は中村氏に対 してすぐに「あ、この人には一生かなわないな」と感じたそうだ。絵を描いているとわかるのだが、線一本で絵の上手い下手というのはわかるものである。うま い人は、あらかじめそこにある線がわかっていたかのように、迷いなくサッと引く。著者も、その核の違いがわかる人だった。「中村さんの描く線はまさにそれ だった」と語り、さらには「この世には、いくら努力しても決して埋まらない差というものがあるんですよ」とも加えている。

では絶対的なセンスの差をどこでカバーするのかというと、著者の場合は構造であった。そこからアニメ特有の誇張も加えていく。特に主役メカのデザイ ンには「こけおどし」が必要になってくる。例えば日本の甲冑、西洋甲冑の形状は敵を威圧する効果がある。鎧兜を見ていると重そうで実践には不向きだけど、 とても強そうに見える。
 

角や肩など。その姿を見て敵の武将は強そうだなと恐れおののくのです。その派手さが重要なのです。

たしかに兜には立物とよばれる装飾部分がついていて、額の左右に飛び出した角なんて戦いには役にたたなそうだけど、あると強そうだ。ガンダムにも角はあるし、ボディと肩は裃のようにも見える。著者はこうしたデザインのヒントを常に探している。そういった真摯な態度も仕事に結びついているのだろう。

決して仕事は断らず、また締め切りを守るなど、著者は仕事請負人のような印象だ。しかし、一度それらは形になり玩具になると、監督もスポンサーサイドも喜 ぶ。没頭できるもの、人の出会い、偶然携わるようになったアニメやオモチャという形によって、著者の創造物は世界中のファンと繋がるようになった。

著者は本書について、アニメや実際にガンダムに興味をもたない人達が読んで「仕事とは何か」「ものを作るとは」を考えるきっかけになってほしいと 願っている。もちろん懐かしいロボやメカも登場するので、子供時代に心ときめいたデザインも登場しワクワクもする。長く続くヒットの裏には、普遍的な仕事 についてのヒントが満載であった。 



links

CATEGORY

はじめての方はこちら/当ブログの説明

selected entries

archives

recent trackback

  • 制度の歪みを利用『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方2015』
    天竺堂の本棚
  • 『ハウス・オブ・ヤマナカ―東洋の至宝を欧米に売った美術商』
    なおきさんのブログ
  • 【オススメ本】『かぜの科学―もっとも身近な病の生態』ジェニファー アッカーマン (早川書房)
    なおきさんのブログ

recommend

recommend

recommend

recommend

ノンフィクションはこれを読め!  - HONZが選んだ150冊
ノンフィクションはこれを読め! - HONZが選んだ150冊 (JUGEMレビュー »)
成毛 眞
科学・歴史など全ジャンル5000冊から読むべき150冊を紹介している。

recommend

弓と禅 改版
弓と禅 改版 (JUGEMレビュー »)
オイゲン・ヘリゲル
弓の達人と、その弟子ドイツ人のやりとりから見いだす禅の話

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

ヘンな日本美術史
ヘンな日本美術史 (JUGEMレビュー »)
山口晃
レビューはこちら
http://honz.jp/18495

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM