GUAMで絵を描く




人生で初のグアムに行ってきましたにじ

まずは、いかにもリア充な景色をアップしてみたり。





免税店で買ったPoloのシャツを着て、いかにも旅行者っぽくしてみたり。


と、遊びはここまで。

今回はある方から、ご自身のイメージを描いてほしい依頼を受けまして、
さんざん悩んだ結果、何も考えずにイメージに集中するためにはグアムで描けばいいんだ!
と仮説を立てたのでした。

携帯をOFF!
TVもOFF!
時計もOFFーー!!
デジタルデトックス!!
ひゃひゃひゃわーい



↑乾かし中

本当はスキューバダイビングとかして、太陽と海を一身に感じた後が良かったのだが、
プールでとりあえずグアムを堪能し、ホテルで作品づくりに集中。


だが今回、大いなる発見が!!

普段、心がみみっちいのか日本では絵具をケチケチしてしまうが、_| ̄|○

グアムだと絵の具をバンバン使える!
自分大胆になれる!笑

 




勢いのまま完成!

最初こんなに絵の具いっぱい出していいの?みたいな感じでしたが、
途中から気持ちよくなってきました。
※ケチくしてると、筆に表れますからね〜




今回、少しだけ自由に描くことを実感できた気がします。

上海紀行 その2 〜中国のアート事情〜

2013.7.12

クリエイティブスポット 田子坊

新天地(シンテンチ)でプーアル茶を買った後、午後は田子坊(ティエンズファンに移動しました。※たごぼう、と読まない

もともと町工場がメインだったこの場所に、中国の著名なアーティスト陳逸飛(リンツ―イン)がアトリエを開いたことでクリエイティブなスポットとなりました。陳逸飛は映画界・ファッション界でも注目を集めるため、こぞって芸術工房が集積するオシャンティスポットになりました。ボロい空間もアートが加わると、お洒落に変化しますね。ちなみに陳逸飛油絵は10億で落札されました



もちろんギャラリー以外にも、カフェや雑貨屋が多く建つ場所で、シエスタする西洋人が多くいます。そして気づけばギャラリー、ここもギャラリー。カフェに次いで芸術があたりまえに存在します。ギャラリーは陶芸や写真など販売作品はさまざまで、値段は東京と変わらず。ただ扱う数が膨大で、西洋人に英語を交えて売ろうとするバイタリティを感じます。中国でも有名な写真家 陳瑞元(Chen Rui Yuan)ギャラリーもあり、作品が欲しくなります。

(c)Chen Rui Yuan


ちなみに上海の福州路には、とにかく安い画材屋があります。油絵具は日本の5分の一の値段です。買付にくる人も多く、趣味でこれから絵を始める人に油や水彩絵具セットをプレゼントしたら喜ばれるでしょう !


M50(莫干山路50号) 巨大ギャラリー集合体

日本語のガイドに載ってませんが、絶対はずせない場所があります。M50という巨大ギャラリー集合空間です。面積は約41000屬竜霏腑◆璽肇勝璽鵑任后

例えばアジア各国のアーティストを擁するX-powerでは、台湾の女子3人組アーティスト瑪馨玲を扱っています。ここの女性ギャラリストに上海アートシーンについて訪ねてみました。

瑪馨玲Ma Sing Ling



値段を聞くと、彼女達の絵は100x100cmで150万。

「なぜなら、彼女達の絵を買いたい人がたくさんいるからです!彼女達は容姿も美しく、絵画も美しい。出身の地元台湾では大人気、新進気鋭のアーティストなんです!!」


日本にいると、物に対して、この値段が適切なのか?とかすぐ考えて、より安いものを買おうとするデフレマインドになっていますが、上海は「いいものは高くても買う」勢いを感じるのでした。確かに作品からパワーを感じるし、ここのギャラリーからも、またM50を訪れる人達にも、高いお金を出してでも買いたい!というマインドが伝わってきます。


Form of Unity/Land of Ease‧Clouds Dance Wonder and Bring in Fortune

Acrylic on Canvas 2012

103 X 103cm


作家とギャラリーの契約

驚くのは日本にくらべて、作家が優遇されている点です。実際のあった話では、ギャラリーに目にとまった作家は「あなたの作品は素晴らしい。では30年間の独占契約をしましょう。契約金は6億用意します」とオファーするそうです。

その内訳にアトリエ・住居・生活費・製作費用などがあてられます。

30年は長いかもしれませんが、契約すれば作家は純粋に製作に打ち込めるのです。もちろんアーティストにとって、純粋に製作と向き合えて没頭できる環境は幸せかもしれません。これを支えるには作家のプロデュース・運用のギャラリーの腕もありますが、何よりも反デフレマインドというか、良いものを認めて買おうとするポジティブな購入意欲ではないでしょうか。


上海紀行 その1 〜中国経済〜


2013.7.11〜家族で上海旅行してきました!
中国大丈夫かいな?と出発前に周囲に心配されましたが、南アフリカやエジプトなどと比較しても、アートシーン、食事、名所含めレベル高い思い出になりました。

写真は最終日に描いた龍のイメージです。(右上の発光部分が眼)中国は火のエネルギーが強いですね。詳しくは最後に。

上海は実は羽田から2.5時間でいける穴場スポットです。小さい子どもがいる家族でも、飛行機の中で寝ていれば気軽にいけます。

値段は39800円ほどでかなりリーズナブルな旅行ができます。私達はそれより少し高めのプランでしたが、それでもオプションの虹橋ホテルは充分すぎるほど快適でした

空港ではタクシーがバンバン到着し、次々と乗車していきますが、それでも100mは並んでいます。経済に敏感な奥さんは、中国のバブルを感じていました。

2013年国内では結構中国の極端なメディアが流れていますが、多くの中国人達は日本を相手にしていないようです。というか自国12億の人口をまとめるのに忙しい印象です。中国に10年以上在住し、上海にサロンを経営しているゆかりさん(日本人)は詳しく案内してくれました。

地震も少ないため、100階以上のビルも多くあります繁華街である外灘(ワイタン)での夜景はとにかくバブリー。もはや上海で、いまどき人民服着て自転車に乗っている中国人はいません。




初日の夜は古代建築様式が残る街、豫園(ユィーユエン)の鼎泰豐(ディンタイフォン)で食べました。ここの小籠包は絶品で、いちど味わうと日本ではもう小籠包が食べれないとブーイングがくるとの事でした。

ホンマかい!と思いながら箸で穴をあけ黒豚のスープがでてきたらちゅるっとすすり、さらに酢と醤油につけてショウガを乗せて食べると、


絶品!ウマい!

デザートに登場する巨大かき氷も、さらさらときめ細かく、あんみつ風味が本当に美味しい。


(ご案内いただいた:竹平ゆかり氏)

なんか、エジプト紀行とくらべて、フツーの旅行記になってますが

つづく






links

CATEGORY

はじめての方はこちら/当ブログの説明

selected entries

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

弓と禅 改版
弓と禅 改版 (JUGEMレビュー »)
オイゲン・ヘリゲル
弓の達人と、その弟子ドイツ人のやりとりから見いだす禅の話

recommend

recommend

recommend

ウイングメーカー
ウイングメーカー (JUGEMレビュー »)
WingMakers LLC,大野 百合子
700年後の未来から、魂のステージを上昇させるメッセージ。

recommend

ヘンな日本美術史
ヘンな日本美術史 (JUGEMレビュー »)
山口晃
現代美術家、山口晃さんによるわかりやすい日本美術の見方。http://honz.jp/18495

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM