本のキュレーター勉強会 春の会合

なんと今回は成毛さん宅の書庫を拝見させていただく会となりました。

気になるその画像は著書『大人げない大人になれ!』の冒頭部分に写真が掲載されてますので、是非そちらでチェックしていただればと思います。地下にある膨大なラインナップはひとつの本屋を形成しておりました。皆さんテンションあがってます。所持している本が被る方もいますが、えりかさんなどはわずか1000部程の発行書が被っていたり。さらに現代では入手不可能な超レアJAZZレコードも所有しており、こちらもかなりの量。これUK JAZZダンス(BEBOP)パーティで流したら皆喜ぶだろうな。

本のジャンルですが経済/科学/ビジネスの中、もちろんIT関連も豊富でした。当人はIPアドレスを日本で30番以内に取得してるとか。さらに話題は「エベレスト系ならこれ」から「チェルノブイリこれやばいですよ」までいつもどおりトークが変です。


書庫の中から気になるラインナップを紹介。
◎taschenシリーズ→美術品・芸術品の掲載量から創造するよりずっと安いtaschen。本当に読み手を満足させようとしている構成。
◎マール社『色―世界の染料・顔料・画材 民族と色の文化史』→こちらも資料として保持しておきたい。その他に甲冑/武器シリーズもオススメ。購入パターン例としては「マール社ならいいか」。
◎『制服の帝国―ナチスSSの組織と軍装』→元祖カリスマ親衛隊の装備ディテールがわかる良書。


そして別邸オモチャガレージに潜入。ここにひとつのユートピアがありました(俺だけか)ラジコンからプラモ、真鍮製の鉄道車両がズラリ。作りかけのディアゴスティーニの動くロボットも発見。→1ヶ月この部屋に幽閉されても問題あるまい。

その後、和食料理に流れ二次会飲み屋まで、皆でどっと話は盛り上がりました。本当に愉快な人達です。そしてネーミングについての話題も。私達は「本のキュレーター勉強会」にしては実力的にも、キャラが確立されている点でも見直したほうが良いのではないかと。このテーマは次回に持ち越しとなりました。

とニヤニヤ気持ちよく酔っぱらい、それでも帰りのコンビニで本をチェックするのでした。あー楽しい。

※土屋さんが本を出しました↓旨そうです

輝くコンテンツ



現在、NPOハッピーステップスの活動として石鹸を被災地に送っている。それに加え新たに芸術/アート面で何かできる事があるだろうと考える。

いま被災地へは世界各国から絵本が送られているそうだ。それは何を意味するかというと、被災地の人達が希望を持ちたいからだ。もちろん物資も重要だが、人の気と心は復興の根幹だと思うし、その部分を自己満足にならないようサポートできないものかと考えていたら、ひとつのアイデアがでた。

それは具体的に何かといえば、光る絵である。昼中の間、太陽の光を蓄え夜になるとその蓄光性の顔料が輝く絵を制作する事だ。電力不足を逆手にとった発想だが、一度試してみる価値はありそうなので実行に移す事にした。

光を蓄えるテープは見た事があるが、では実際に塗料はあるのかと世界堂新宿店で調べた所
・夜行塗料スプレー
・水性夜行ペイント
が数は少ないが何種か販売されていた(あるもんだ)。

早速購入し、本日昼にペイントしてみた。光は日中当てていたので、これより発光量を調べようと思う。→説明書には「3〜5分の照射で暗闇の中で15〜20分程度発光」






ちなみにコンテンツについてだが、AKB48を輩出した秋元康さんによる考察が日経新聞に掲載されていたので紹介。

「コンテンツビジネスの今後の展望」
エンターテインメントでの成功には98%の運と1%の汗と1%の才能が必要である。また予定調和を壊すことが肝要で、見る前に想像がつくようでは観客にそっぽを向かれる。これは何だろうと思うきっかけがあって初めて手が伸びるそうだ。

さらに多くの人は今の景色を見ながらマーケティングを行いモノを作ろうとする。しかし、今ひまわりが高値で売られているのを見て、種を植えてももう遅い。そのひまわりを育てた人たちは1年前から用意していたのだ。

今、目に見えているもの、今ヒットしているものは全て過去であり周りとは関係なく、自分の中でこれが面白いと思うものが見つけられるかどうかである。

→なるほど運が98%とはまたシビアな世界だが、残りの2%で確実に根をはり、その運をたぐい寄せる基盤を整えてたいものだ。
さて顔料をチェックと。

「本のキュレーター勉強会」第4回


春うららか、暖かい日ざしと綺麗な桜。第4回の勉強会です。
前回からは慌しい環境の中だったので、だいぶ時間が経過したように思えます。

本日は土屋さんが息子さんの入学式の為にお休み。栗下さんは2回の充電を経て参加しました。参加した皆さんは震災による直接の被害は無かったようです。地震で本が崩れたかと思いきや、元々くずれてる人もいました。時事問題に絡んだ久保さんの記事(リビア/エネルギー関連)はアクセス数が急激に伸びたようです。

全体的なチョイスされたオススメ本の印象ですが、難しい・カタい書籍ではなく(充分濃いが)、軽くてイラストなどが入った本が選ばれてます。やはり人間、癒しが必要ですね。紹介された本は東えりかさんのブログで完璧なレポートがあるので、そちらをご参照下さい。

関係ないけど、4回目という事もありサクサクと本を紹介し、時間配分が守れてる気がしました。自分が気にするな、と言われそうですが。そして回を重ねる毎にどんどん楽しんでます。

私が紹介したのは南アフリカ/ケープタウンにあるユダヤ教会で購入した根付の本です。
実際の根付も展示されてましたが、本当に日本人の仕事は美しい。


そして日本の美術品を世界に流す人間がいる話になり『ハウス・オブ・ヤマナカ―東洋の至宝を欧米に』が話題に。これは次回の課題本に決定。ぜひ是非読みたい。


最後に勉強会に参加した皆様に石鹸を配りました。これらは被災地へ届けたものと同じです。現在、某ホテルから廃棄された石鹸を回収しています。石鹸の品質はとても良いのですが、1〜2回使用しただけで廃棄される運命にある石鹸を、都内の廃校となった小学校に保管しております。今回の震災により、現在は被災地に優先的に送付しています。先日NPOの認可がおりました。

タイトル部分は勉強会オススメの3点。
『京都の流儀』→成毛眞さんご推薦。いつでも遊びにいけるように「粋」でありたい。
『パンダ外交』→自薦。愛くるしいパンダを贈り続ける、中国の処世術がわかる。もしかして、と思ったら高村さんも推薦。どうでもよいが、定価¥740の本は税込み¥777となり、ラッキープライスだ。
『フクロウからのプロポーズ』→えりかさんご推薦。小説?と思いきや、内容はしっかりとしたフクロウの生態についての書籍。課題本候補でした。


links

CATEGORY

プロフィール

selected entries

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

弓と禅 改版
弓と禅 改版 (JUGEMレビュー »)
オイゲン・ヘリゲル
弓の達人と、その弟子ドイツ人のやりとりから見いだす禅の話

recommend

recommend

recommend

recommend

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM