『呪の思想』

ビデオアーティスト、ナム・ジュン・パイクは松岡正剛氏に対し、日本人は白川静を読まなくてはダメよと語ったという。恥ずかしながら、私もその一人だった。

故白川氏の実績を知れば知る程、自分の無知を痛感した。氏の漢字に対する知恵と洞察はどこまでも深く、現在では白川静なしで漢字文化を語ることなど考えられない。恐れ多くも少しでも彼の領域に近づければと思い、本書を紹介させていただく。

文字は人が神と心を交わし、神の力を得る手段であったという。古代は悪霊だらけの世界だった。その中で文字は神との交流手段である「呪」と しての機能をもって生まれた。漢字は一個の宇宙であり、それ自体が霊魂としての模型だという。こんな説明は学校教育では教えてもらえなかった。

この壮大な話は、年月を経る毎にファンタジーではなくリアルとなった。氏は中国の古代文献から調べ直し、漢字の意味本来のありようを追求し ていた。もう一人の著者である梅原氏も同じく仏教文化を、遺跡から見直すほど探求者である。2人の対談はクリエイティブで、白川氏の思想を梅原氏が興味深 く聞き出す(引き出す)事で、会話の中から新たな思想が生まれている。

文字の発端は象形文字だが、漢字はそれ自体が神に帰依する方法らしい。多くの漢字は呪具や祝詞など、とにかく神と密接である。少なくとも甲骨文や金文など太古に刻まれた字は全て神、霊、呪と関係がある。全て。

例えば「道」という字は「支配の圏外に出るとき、異族神を祓うために、生首を持って進む」という字形である。「舞」は、既に「雨かんむり」 が付いており、元々神に捧げる雨請いの踊りであった。日本でも漢字ブームが到来し、漢字検定などが流行したが、膨大な量の漢字を覚えるよりもパーツ本来の 意味/成り立ちを知るほうが、はるかに使える知識となるだろう。

話はそれるが、本書に登場する中国から出土した紀元前の青銅器の中には、外側は不透明だが光を当てると透明になる鏡が存在する。オーパーツ は中国だけではなく、世界各地から出土されているが、その模様は共通する場合が多い。地理的に離れた文明が、同じ模様を刻んでいるのを見ると、文字は人間 の意識レベルから発生する宇宙言語なのではないかと想像してしまう。

本書では何より白川氏が仮説をいくつもたてながら、中国の古代観念を見直し、前進する姿勢を学ぶ事ができる。この難題をこなす漢字の牽引者が、文字について本来の意味を語る様をぜひ体験してほしい。

---

『白川静さんに学ぶ漢字は楽しい』

入門用としてはこちらがオススメ。象形文字の原字が記載され、漢字の成り立ちがすぐわかる。



【仲間募集】シャッターに絵を描く



このたび、
赤羽橋の商店街、靴屋さんのシャッターに絵を描く事となりました
人数がたりないので、お手伝いしていただける方を募集してます。

靴屋さんにお話を聞くと、現在のシャッターにも絵が描かれていますが、抽象画なのでぱっと見では何の店なのかわかりません。(かなり古くなっている)
とにかく、新しくわかりやすくして欲しいそうです。

制作の期限は商店街のお祭りがある10月1日まで。
まだ暑いので、9月に制作しようとしてます。お手伝いできる方はお声がけ下さい!(画材の買出し、スプレー塗り、ハケ塗りなど)今度は、商店街の名前を「アート通り」に変更したいそうです。

『フォントのふしぎ ブランドのロゴはなぜ高そうに見えるのか?』

高級ブランドのロゴはなぜ高級そうにみえるのか?そんな文字にまつわる素朴な疑問に答えてくれる本である。デザインに少しでも興味ある人なら、ちょっと中を見れば興味が湧くだろう。

中を覗けば美しい文字の組み合わせと、フォントのサンプルであるブランドショップや海外の写真がフルカラーで掲載されている。フォントの本は数多く販売されているが、本書は見ているだけでも楽しい。

著者はドイツ在住の日本人、欧文フォントデザイナーだ。書体の専門家が、欧米の街中で撮影した写真を元に、目からウロコのフォントの不思議について語ってくれる。まるで専属のガイドと共に世界の街角を散歩している気分で、フォントについての知識が楽しく身につく。世界中の街角で撮影されたお店の看板、パッケージ、チラシなどはとても華やかだ。

第一章の「高級ブランドはなぜ高級に見える?」では、「LOUIS VUITTON」や「Dior」など、高級ファッションブランドのロゴにまつわるトリビアが満載だ。実は高級ブランドの美しい書体は、できるだけ飾らずそのまま使っている場合が多い。ポイントはどうも字間の「スペース」にあるようだ。本当に微細な感覚で、スペース1つにここまでこだわるか!と感心せざるを得ない。(と同時に嬉しくなってしまう)

またフランス、イギリス、ドイツそれぞれの街の雰囲気を作り上げている特徴的な文字も掲載している。文字を見ているだけなのに、その街へ旅行した感覚になってしまう。本書は約70のコラムから構成されており、銅版印刷から生まれた「Copperplate Script」や、世界を駆けめぐる「Helvetica」などの、興味ある項目から自由に読んでいってもらいたい。

この本を読んだ後、読者は普段目にする文字をまったく別の角度から見る事になるはずだ。そして文字の世界に、少なからず興味を持つだろう。日本では雑多に書体が存在するが、著者が言う「形が目立つのは、字に邪魔な要素がある」には深く納得だ。

デザインに関連する人にとって必読の一冊だが、なにせ良質な写真が多いので、そうでない人でも眺めているだけで楽しくなる良本。



links

CATEGORY

はじめての方はこちら/当ブログの説明

selected entries

archives

recent trackback

  • 制度の歪みを利用『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方2015』
    天竺堂の本棚
  • 『ハウス・オブ・ヤマナカ―東洋の至宝を欧米に売った美術商』
    なおきさんのブログ
  • 【オススメ本】『かぜの科学―もっとも身近な病の生態』ジェニファー アッカーマン (早川書房)
    なおきさんのブログ

recommend

recommend

recommend

recommend

ノンフィクションはこれを読め!  - HONZが選んだ150冊
ノンフィクションはこれを読め! - HONZが選んだ150冊 (JUGEMレビュー »)
成毛 眞
科学・歴史など全ジャンル5000冊から読むべき150冊を紹介している。

recommend

弓と禅 改版
弓と禅 改版 (JUGEMレビュー »)
オイゲン・ヘリゲル
弓の達人と、その弟子ドイツ人のやりとりから見いだす禅の話

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

ヘンな日本美術史
ヘンな日本美術史 (JUGEMレビュー »)
山口晃
レビューはこちら
http://honz.jp/18495

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM