ふるいの紹介『考えの整頓』

本書は雑誌『暮しの手帖』に連載の人気コーナー「考えの整とん」6年間分が編纂され、書籍化されたものだ。著者はNHK教育番組『ピタゴラスイッチ』の企画・監修を務める佐藤雅彦。東京藝大大学院で映像の教鞭をとる表現の研究者である。

著者は電通勤務時代、CMプランナーとして湖池屋「ポリンキー」、「ドンタコス」、NEC「バザールでござーる」など、様々なヒットCMを手がけた。同じフレーズをリフレインで繰り返すパターンは、リズム感にあふれ記憶に残りやすい。中でも印象的だったのは、1988年に放映された湖池屋「トップル」のCMで、アニメーションの王様がだだっ子のように「お願いじゃ、お願いじゃ、お願いじゃ、ワシの一生のお願いじゃ。トップル買って、トップル買って、湖池屋トップル、サクサクじゃ」というセリフの後、いきなり「コマーシャルはひかえめに」と、まるで公共放送のような指摘が挟み込まれる。当時、子供ながらもその遊び心ある演出にワクワクした。

氏が本書で紹介する視点はユニークで、読み手は楽な気持ちなのに脳感覚が刺激される。日常生活も目のつけどころを変えるだけで、こんなにもユーモアが溢れているのかと感心するばかりだ。

そこで今回は、私もこの感覚を引き継ぎ、読者と一緒に新たな「ふるいの紹介」を試みたいと思う。ここから先はHONZ(新刊オススメ紹介サイト)を5回以上閲覧した人限定にしたいと思う。良書を紹介中に、読んじゃダメなんて、そんな馬鹿な、と怒り心頭である事は十分に承知している。しかしお互いのミスマッチを防ぐため、ここはやむを得ない判断だと認めてほしい。では、条件に満たない方、申し訳ないが、ここで失礼します。

 新井文月の実験01

HONZは多様なジャンルの本に注目している。フラクタル図形、ダチョウ、力道山、夫婦ゲンカまで多岐に渡る分野を網羅している。そんなサイトなのに、5回以上訪問しているアナタは充分変わりものだ。だが、本書が適合するかどうかさらに確かめるため、次の課題を設けさせていただく。

この先を読むことができる資格として、昨日、肉を食べた人限定とする。鳥、豚、牛、肉であれば問題はない。ベジタリアンの方や、ダイエット中なのか穀物と野菜中心の食事だった方、残念ながらさようなら。これからも健康と、最近再び注目されている腸を大事に過ごしてほしい。

さて、ここまで残った方は読書家である上に、さらには体力的に自信があるのではないか。人類は10万年以上も肉食だった。先祖達はマンモスを狩り、遺伝子を残してきたように、今の時代も肝心な体力がないと乗り越えてはいけない。

そして最後の条件に移る。その条件は厳しく、今まさに「移動中」だという事だ。電車、タクシー、バス、散歩中もOKとする。「あ、私の事だ」とお思いの方。移動中にもかかわらず、スマフォ等でここまで閲覧するなんて、本当に稀有な人だ。アナタは煽動的な情報ばかり流しているTVや雑誌のニュースなどに辟易してHONZサイトを見ているのではないか?

そんなアナタにこそ、本書を手にとってほしい。世の中は科学でも証明しきれない、不明な事だらけだ。この紹介方法だって正しいかどうかわからない。ただ正解に対し、その周りをぐるぐるまわりながら、中心へと近づいていく過程自体が面白いのである。

その過程に遊び心満載の本書だからこそ、私も刺激されてしまい、今回こういった「ふるいの実験」形式で進めてしまった。ちなみに私も条件にあてはまる一人だ。ここまで読んでいただき、心より感謝申し上げる。これも日常の一コマを、幸せな発想法で愉快にする挑戦として捉えて頂ければ幸いだ。

新井文月の実験02

そして今回この表象となった事に対し、途中から素直に読まなかった方を含め、心からお詫びしたいのだが、もう読んでないだろうと思うので、どうすればよいのか。

-----【その他オススメ】-------

佐藤氏が以前出した『プチ哲学』。ここから思考の旅は続いていた。イラスト中心のシンプルな内容だが、普段目にしている事象を切れ味鋭く表現しており、まるで頭が良くなった気分になる。

プチ哲学 (中公文庫)

プチ哲学 (中公文庫)

  • 作者: 佐藤 雅彦
  • 出版社: 中央公論新社 (2004/03)
  • 発売日: 2004/03

金箔の貼り方 方法その1

日本では古くから金や銀などの金属が絵画の材料として用いられてきた。
現代はプラチナやアルミなども使用されている。

金箔をどう貼っていくか流れをざっくり説明すると、
1 まずは箔を選ぶ。
今回は純度100%の金ではなく、真鍮入りの洋箔。年月で色が変化するが、
その具合を楽しみたいので洋箔青口を購入。値段は50枚/1700円と意外にリーズナブル。



今回はこの「信長」の背景に金箔を張ってみる。



2 紙にロウを塗り、シールの台紙ように箔をピッタリと張りつける。
画面サイズを計算し、どれくらいの箔のセットが必要なのかを計算。
この絵は25号Mサイズなので、20枚と必要な枚数を用意。

ロウ塗りが面倒な場合は、すでに塗ってあるアカシ紙に金箔を載せると手間が省ける。
※画材屋はたまに古いアカシ紙を出す店がある。張り付きが悪いので、年数に注意しよう



3、必要な枚数分を用意し、その後は絵に膠(接着剤として)を水で薄めたものを三度塗りする。三度目に膠を塗った後、乾く前にすぐ箔を貼付ける。



箔と箔の間は少し被るくらいにすると隙間ができにくい。
もし余白ができた箇所は、余った箔をカッターで適度な大きさにカットして補強してよい。

つづく


『ペンブックス15 キリスト教とは何か。I』

ペンブックス15 キリスト教とは何か。I 西洋美術で読み解く、聖書の世界 (Pen BOOKS)

ペンブックス15 キリスト教とは何か。I 西洋美術で読み解く、聖書の世界 (Pen BOOKS)

  • 作者: 池上英洋、ペン編集部
  • 出版社: 阪急コミュニケーションズ
  • 発売日: 2011/12/1
ペンブックス16 キリスト教とは何か。II もっと知りたい!文化と歴史 (Pen BOOKS)

ペンブックス16 キリスト教とは何か。II もっと知りたい!文化と歴史 (Pen BOOKS)

  • 作者: ペン編集部
  • 出版社: 阪急コミュニケーションズ
  • 発売日: 2011/12/1
「ウチは無宗教です」と言う人がいるが、日本は八百万の神達が集まる国であり、初詣は神道、葬式は仏教、結婚式はキリスト教といった調子で宗教のフィールドをうまく住み分けているのが現状だ。

ペンブックスシリーズは茶の湯、神社仏閣、戦国武将など知的好奇心をくすぐられる特集が多いが今回はキリスト教。現在の世界人口は約70億人であるが、その内キリスト教徒の数はローマ・カトリック派が約11.3億、東方正教会が約2.2億、プロテスタント諸教会が約4.6億である。つまり約4人に1人がキリスト教徒という事になる。

『キリスト教とは何か。I』では西洋美術から旧約聖書・新約聖書の世界を読み解く事ができる。当時、識字率が極めて低い社会では絵画が最も有効なメディアであった。「天地創造」など宗教画や彫刻/建築物など造型美術の解説を読んでいくと、次第にヨーロッパ精神史の全体像が浮かび上がる。フルカラー図版入りでの解説は、聖書における系図など、これまで断片的だったカインやアベルなど登場人物が一覧になっており、スッキリと理解できた。

『キリスト教とは何か。II』では十字軍や聖地など歴史に焦点がおかれる。同じ仏教でもタイと日本では寺院の違いがあるように、キリスト教にも建築物には歴然とした違いがある。新しい教皇を決定するコンクラーヴェの内部の様子や、今も厳格に生きる修道士の一日などトピックもユニークで、これからじっくりと読んでいきたい。

また三大一神教が集まる聖地エルサレムの勢力図についても述べており、世界情勢を知る上でも欠かせない。代表の成毛眞ブログにはこの雑誌版があげられていたが、こちらのBOOK版もキリスト教と宗教美術の初心者には買いの本。ヨーロッパ旅行で、美術館や教会を訪れる際にも効力を発揮する。


links

CATEGORY

プロフィール

selected entries

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

弓と禅 改版
弓と禅 改版 (JUGEMレビュー »)
オイゲン・ヘリゲル
弓の達人と、その弟子ドイツ人のやりとりから見いだす禅の話

recommend

recommend

recommend

recommend

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM