純粋なる夜『クートラスの思い出』

ロベール・クートラス(1930〜1985)という画家は生前、現代のユトリロと評されていた。フランス存命中にも熱心なファンがいたものの、美術界で光があたる評価はあまりされなかった。しかしその作品達が没後四半世紀を経て、現在故郷パリから遠く離れた日本で注目をあびている。

舞台はフランスなので、物語にはパリの町並み、アルザス、ブルターニュのカテドラルなどが背景である。クートラスは貧しい家庭に生まれ、少年期はフランス国内を転々としていた。石工を経て、夢だった絵描きになるが、契約した画商と衝突し再び無一文生活を送るようになる。創作の裏ではいつも空腹を抱え、挫折に満ちた悲しい生活を送った反面、数々の恋愛による充実感に満ちた生活も送っていた。

クートラスはわずか6×12cmの小さなサイズの靴の函やダンボール、ポスターの裏をキャンバスとし、幻想的な絵を描き続けた。それをカルト(carte)と呼び、フランス語ではcarte、英語でcard(カード)になる。ちなみに日本のカルタはポルトガル語の「carta(カルタ)」に由来するそうだ。

表紙の帯を外してみると、カルトが並ぶ装丁となっている。これらは6枚組、12枚組、15枚組と内面的に必然性のある絵画として組み合わされ、リシュリー通りの画廊に展示されていたそうだ。カルトは靴箱や広告など、身近にある厚めのボール紙に油絵の具で下地が塗られただけの画布だったりもするが、何度も塗り直し、引っ掻き、ぼかし、擦られ、何層もレイヤーができ重厚感が漂うものもある。その絵柄は人の顔をした昆虫や鳥、植物や本人の「COUTELAS」の文字などが画面を覆う。

カルトは毎晩描き続けられた。それらは「僕の夜“Mes Nuits”」と名づけられ、その数は6,000枚を超えた。

著者の岸真理子・モリアはクートラスの最晩年に同居し、彼の遺言でカルトを引き継いだ相続人である。本書では、今まで詳しく知られる事のなかった彼の生涯を綴っている。

彼女は言う「クートラスの優しい言葉や声は、彼が亡くなってからもずっと耳に残り、書きとめていた。人に見せる勇気もなかったけど、彼を直接知る人物はもう私だけだからと周囲に書くよう勧められました」
 honznas_carte_art_japan 
(c)Fuzuki Arai 

クートラスは心やさしい子どもだった。母親から一緒に食べるお菓子を2つ買ってきなさいとお小遣いをもらうと、ひとつだけ買って、残りは日曜日に一輪の薔薇を贈るために貯めておいた。また生活を犠牲にしてでも表現の自由に魂を捧げた、孤高の画家であった。パンが食べれない日が続いても、絵を書き続ける事は貫いた。好きな女性に対してはわずかなお金で花をプレゼントし、買うお金が無い時は工事現場の脇に咲く花をつみ、花束にしてプレゼントする人間だった。

だが、そんなクートラスの母はひっきりなしに男を変えていた。再婚した新しい父親はとても厳しく、おかげで学校の成績はいつも一番だったという。だが父親が面倒をみなくなると、とたんに成績はビリになった。学校のテストでは真っ白な紙は無限の可能性を秘め美しく感じたので、彼はそのまま試験で名前を書かず答案用紙だけを返した。先生に怒られたが、本当は紙を汚したくないからだった。

クートラスは直接手に触れる石や彫刻など作品の中から、苦痛や悲しみ、また希望や喜びを吸収していった。石工時代、彼はオーベルニュ地方で馴染んだロマネスク教会やブロワのルネッサンスと美術史と精神史を身体中で吸い上げていった。だが、いつも親方からは「もっと早く!」と言われ続けていた。この言葉ほどクートラスが嫌いな言葉はなかった。画家として独立した際に契約した画廊も言う事は同じだった。「もっと早く描け!」

彼は心で物を見たので、絵を商売の道具としか見れていない画廊が多かったのも嫌気がさしていたのだ。無一文で放浪している間、クートラスの母は他界した。晩年、彼は著者に言った。「ママンに手紙を書くんだよ。一言だけでいいんだ。愛しているって伝えるんだよ」と故郷を離れて暮らしている彼女に、何度も言ったそうだ。

私は、夜に描かれたというタロットカードのようなカルトを眺めていると、人間に対する希望や絶望、闇から光といった、人の良い所も悪い所も味わったクートラスの感情をひっそりと汲み取れる。内面の魂で物事を見て旅をすると、出会う風景や、その土地の魂と呼応するように、自分の中にある「純粋さ」が呼び起こされた気がしてくる。彼は無神論者だったそうだが、カルトからはどこか祈りに似た思いが伝わってくる。

本書は画家との出会いと死別を回顧しているが、同時に流浪の貧乏暮らしに身をおいた画家のピュアな切ない物語でもある。時間がごくゆっくり流れる静かな夜にオススメの一冊。
 

----------【こちらもオススメ】---------- クートラス本人が「Réserve du patron」(必ず手元に)と著者に言い遺したカルト作品集。2010年、彼の作品は1点で約12万程で販売していたが、現在は品切れ。作品に興味を持った方にはこちらを推薦。
ロベール・クートラス作品集『僕の夜 Mes Nuits』

ロベール・クートラス作品集『僕の夜 Mes Nuits』

  • 作者:
  • 出版社: エクリ
  • 発売日: 2010/10/12
南アフリカで見た根付コレクションは今でも鮮明に焼き付いている。英国人の陶芸家である著者は、東京に暮らす大叔父から根付のコレクションを相続し、来歴について調べ始める。その中で一族の没落とナチスによるユダヤ人迫害の悲劇を知る。2010年イギリスにて大ベストセラーとなった一冊。
琥珀の眼の兎

琥珀の眼の兎

  • 作者: エドマンド・ドゥ・ヴァール、佐々田雅子(翻訳)
  • 出版社: 早川書房
  • 発売日: 2011/11/10

カタ【型】+ チ【魂】『にほんのかたちをよむ辞典』

日本文化における「かたち」を読み解く事典だ。「かたち」は直接的に目に飛び込んでくるものありながら、独自の文化や思想を含んでいる。つまり「かたち」とは、かた【型】+ち【魂】であり、本書は独特な日本文化の「かたち」を解説している。

発刊元である「形の文化会」の活動は、文化領域に括られる「かたち」を、科学・文化・歴史の視点で総合的に新しく研究し、人類思想上における意義の再確認と、伝統的な保存・創造的発展を期するため各民族風土の保全を目的としている。

 「形の文化誌」シリーズは、これまでも極めて質の高いかたちの書籍を出版してきた。発行元の「形の文化会」は2012年で設立20周年を迎える。本書はその文化会のメンバーが執筆を分担し、完成させた集大成だ。美術史家の木村重信、色彩研究第一人者の小町谷朝生、漫画家の水木しげるなどスペシャリスト約60人の執筆陣が、200余りの項目を楽しく解説している。
日本では風流の感覚を持つか持たないかは、ほとんど無意識のうちに問われる問題である
冒頭の見開き部分には、多くの文化人による「かたち」に対する思いの言葉が寄せられている。上記の言葉は、バーナード・ルドルフスキーによるものだが、私は彼のこの言葉が、一番日本人の空間認識を表していると思う。

辞典なのでサイズはA5版で532ページとボリュームたっぷりだが、トピックスは各2〜4ページ程であり、卍、タングラム、妖怪、吉祥文、おどり、水引…など気になる箇所からいつでも読みはじめる事ができる。

本書の特徴は、豊富な図版とデザインの美しさだ。フラクタル図形の項目では、シダの葉や『冨嶽三十六景』の大波のイラストが美しいし、凧の項目では、解説文中に凧上げのイラストが大胆に挿入されていて面白い。またカバーの裏表紙の図版には金箔が使用され、栞紐は2本で紅白の色使いなのだが、これを発見した時は嬉しくなってしまった。こうなると新しいインクの匂いまで芳しい。日本文化と美術・芸術を好む方にとっては鉄板の一冊だろう。それでも事典にしては面白すぎる内容だ。冒頭で本書は異色ともいえる本、と伝えているがこの本が流布される事を願う。

なにより驚きなのは各項目の徹底した再検証ぶりだ。例えば「しめ縄」の項では、御幣や相撲の土俵入りのしめ縄(不知火形)、出雲大社の大根しめ縄など数々の事象から、日本において紐というのは、神の力を呼び込む生命的存在とされていたと解説している。中国の伝説では、宇宙を創造したのは手にコンパスを持った伏義と定規を持った女媧だが、この2体の下半身はお互いに絡み合った蛇になっており、神社/仏閣における払いの儀式には、必ずといって良いほど捻れが存在するとある。そういえば私達のDNAも二重螺旋構造だし、そのままフラクタル論を展開すれば、宇宙の姿やその誕生のメカニズムを解き明かす「超ひも理論」が浮かびあがる。日本人はいつも循環を意識しているし、輪廻転生を信じる人がほとんどだ。そのおかげで日本人は、昔から積極的に虚無に身を投じ味わい続けてきたのではないか。

日本のかたち感japan art
(c)Fuzuki Arai

気になるトピックをあげればキリがない。×というかたちは悪そのものという意味よりも、悪を払う意味であった。折り紙は今でも優美だが、これでも衰退した文化だそうだ。また「石垣刻印」の項目では、鬼門方位の石垣などには、敵の侵入を防ぐ以外にも城郭を守護する魔除けと考えられる刻印がある。☆は代表的な護身の符であるが、±は鬼が自分の知らない11以上の数を恐れる事からきている。

本書は「かたちのことば」「かたちのかたち」「ひととかたち」の3部構成で、キーワードを単に羅列し解説したものではなく、かたちの諸相のネットワークを分類している。私もまだまだ読み込むつもりだが、通じて受ける印象は日本人の誰もが、かたちに寄り添い、ひとつのかたちに万満を込め、そのかけらに万象を観ていたのがわかる。

金箔の貼り方 方法その2

前回の金箔にチャレンジしてみる
の続き。



1. 面積の大きい箇所に箔を張りおえた後、
細かい場所を貼っていく。
上の写真は乾いた筆で余った箔を押し当てている状態。




2. こういった、ちっこい余りの箔が大量にでてくる。





3. それを余白で下地が露出している部分に膠で薄め貼付ける。




下地作成が完了!!
イメージよりも美しい仕上がりで嬉しい。

さらにつづく



links

CATEGORY

プロフィール

selected entries

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

弓と禅 改版
弓と禅 改版 (JUGEMレビュー »)
オイゲン・ヘリゲル
弓の達人と、その弟子ドイツ人のやりとりから見いだす禅の話

recommend

recommend

recommend

recommend

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM