『かぜの科学―もっとも身近な病の生態』ジェニファー アッカーマン (早川書房)

手洗いで風邪は防げる

前回の本のキュレーター勉強会で、装丁がいかに重要かが証明された。可愛いカバーだが、とにかく色使いが良い。最近、色々な商品を見る度にデザインが「進化」しているな、と感じる。それとは逆に前は最先端と思ったデザインも時間がたてば古さを感じてしまう。

今年に入りNPOの活動として、都内ホテルから廃棄される石鹸を回収していた。これが今は震災の影響もあり被災地に送る作業となっている。避難所ではまだ寒い場所もあるだろうし、風邪もひきやすいだろう。

本書を読めば風邪に対して正しい知識を得る事ができる。また実際にかかった場合でも冷静に対処できるようになる。身近な問題だけに興味深い。著者はナショナル・ジオグラフィックなどに寄稿するサイエンスライターだ。

ズバリ結論を先に言うと、風邪は手洗いで防げる。しかも石鹸の手洗いが最も効果がある。風邪の原因は約200種類のウィルスだ。風邪をひきたくないのであれば、病原菌を避ければよい。さらに顔を触らなければ最上の予防策となる。本書によると人はPCでの作業中、5分に1回から3回のペースで顔を触っている。極端な理論で言えば、欧米の握手の習慣を日本式のお辞儀に変える事で、かなりの感染予防が期待できる。

ちなみにこれまで多数の人が信じていた、寒い格好をする・ビタミンCの不足・乾燥した部屋などはすべて直接の原因にはならない。風邪の諸症状はウィルスが引き起こすのではなく、ウイルスを排除しようとする人間の免疫反応なのだそうだ。そしてウイルスであり細菌ではない。つまり細菌をターゲットとした抗生物質や抗菌石鹸は効果がない。人により風邪ウイルスへの免疫反応、くしゃみ、鼻水、発熱の症状は人により異なる。薬は他の副作用を引き起こすので飲まないほうが良い。症状は本来の治癒力により平均7日間で回復する。

※ウイルスは細胞膜がなく人の細胞に寄生
※細菌には増殖を抑制する抗菌薬が有効。抗生物質と合成抗菌薬がある

手洗いについてもう少し。アルコール手指消毒液も良いが、手の表面にまんべんなく擦り込むのは難しい為(細菌には効力あり)、可能であればウイルスをより除去できる(洗いながせる)石鹸が良いのだ。つまり小学生の時に、半ば強制的にやらされた手洗いの徹底は正しかったのだ。

だがドアノブなど触らないなど神経質になってはいけない。本書は治ると思えばよくなるプラシーボ効果に関しても実証しており、その逆もあるからだ。活動的な人間もまた風邪をひきずらいというデータも、本書にはあるのだ。


◎ユニセフ 世界手洗いの日 手洗いダンス振付け:森山開次

◎NPOハッピーステップス
被災地や学校で固形石鹸が必要な方は、用途を記述の上、こちらにご連絡ください。

『岡本太郎と横尾忠則』

表現エナジー見直し

ミュージシャン、ダンサー、建築家、映像から彫刻など他者に対し何かしらメッセージを伝える人達がいる。私は彼等を尊敬の念を含め表現者と呼んでいる。今回の震災に対して各々は自分なりの表現でライブやイベントを催し、チャリティ活動を行っている。新宿駅周辺に足を運べばストリートミュージシャンからお笑いタレントまで募金活動をする姿がみられるが、全員が同じ事をするのはそれもまた表現者として疑問に感じてしまう。

一方、2011年は岡本太郎の生誕100年である。書店では関連本がずらりと並んでいるが、中でも本書は表現者に推薦できる一冊だ。なぜ、いま岡本太郎と横尾忠則か?理由は簡単。美術と芸術、表現における活動の幅広さを彼らは率先し示してきた。それらは私達に創造活動における無限の可能性を教えてくれる。また1970年の大阪万博における《太陽の塔》と聞いてもピンと来ない人もいるのではないか。筆者は2人の作品を紹介しながら、互いの美学を多面的に論考しているので読み応え十分だ。

そして後半の対談[横尾忠則+倉林靖]に注目してほしい。岡本は「今日の芸術は、うまくあってはいけない。きれいであってはならない。ここちよくあってはならない」という原始の美としての哲学がある。これに対して横尾は「岡本さんは自分ががんばっても美しく描けない状態を正当化するために、駆け込み寺的な理論をつくったのではないか」とコメントしている。また「絵はうまくて、きれいで、ここちよくていいんじゃないかと思う」と指摘。これには安堵させられる。横尾本人の作品はエロスや死、サイケがテーマとなっているが、同時に大衆感覚も持ち合わせているのだ。


さらには大阪万博における横尾の《せんい館》、渋谷駅に常設される事となった岡本の《明日の神話》経緯など、現代芸術をリードしてきた2人の軌跡をなぞる事ができる。本書は21世紀型の表現活動のヒントになるだろう。さあ世に働きかけよう。

生誕100年 岡本太郎展
http://taroten100.com/index.html


石けんダンス絵コンテ

4/7に予定していた世界保健デーのイベント用絵コンテを描きました。が、今回は震災の影響で中止となりました。



1 途上国でダンスを踊る子供達


2 HAPPY STEPS:手を洗えば病気が防げるよ!


3 手荒いダンスを教えてあげる。ありがとう!


4 これなら楽しく手が洗えるね!楽しいね!


私達NPOハッピーステップスの活動は都内ホテルから2〜3回しか使用されず廃棄されてしまう固形石鹸を回収しています。1日約10kg3週間分を某ホテルに常時確保してあります。
今回の震災につきまして被災地への輸送ルートをもち石鹸が必要な団体ございましたら、ご連絡下さい。

当HPは登記手続きが完了次第公開いたします。それまではTwitterからも連絡受けますので、宜しくお願い致します。
http://twitter.com/ARAI_FUZUKI


links

CATEGORY

はじめての方はこちら/当ブログの説明

selected entries

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

弓と禅 改版
弓と禅 改版 (JUGEMレビュー »)
オイゲン・ヘリゲル
弓の達人と、その弟子ドイツ人のやりとりから見いだす禅の話

recommend

recommend

recommend

ウイングメーカー
ウイングメーカー (JUGEMレビュー »)
WingMakers LLC,大野 百合子
700年後の未来から、魂のステージを上昇させるメッセージ。

recommend

ヘンな日本美術史
ヘンな日本美術史 (JUGEMレビュー »)
山口晃
現代美術家、山口晃さんによるわかりやすい日本美術の見方。http://honz.jp/18495

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM