【岩手県大槌町】似顔絵ボランティア



2011年12月、現地の仮設住宅に住む方達にヘアメイク、化粧、ネイルなどを行う
Tokyo de Volunteer主催のビューティボランティア活動に参加した。
私は似顔絵描きとして、今回ボランティアに参加した。

上の写真は仮設住宅の付近にあるお店(ファミリーショップ八幡)の店主で、
いつも感謝を忘れず、笑顔を絶やさずにいる女性だ。






震災後のボランティア活動として、これまで石鹸を被災地に送付してきたが
実際に現地に足を運んだことが無かった。

夜行バスで出発。岩手県大槌町は驚くべき光景だった。



家ごと津波に流され、基盤しかない状態。
丘も木々も削られている。自然災害の圧倒的な破壊力を見た。

仮設住宅に住む方達は、被災後まともに化粧ができない状態だった。
それでもメイクさん達により美しくなるにつれ、次第に明るくなっていく方達をみて
出来る事を精一杯やろうと思った。





(写真下)似顔絵を描く間、いろいろと話もする。
アルバムや写真はすべて流されたようだ。
似顔絵という記録になるものは本当に喜ばれた。



下の写真の方は元漁師だった。
今の願いは船がもう1度手にはいる事だそうだ。
眼をみると、確かに職人の眼をしていた。



写真下の方の話では、1度目の大波がきた後、様子を友人と一緒に見に行くと、
次の2度目の波で、隣にいた人も流されていたそうだ。
背景をピンクにしたのは、この色の花が好きだから。



以下写真の方によると、服は支援物資との事。
ゆったりとした表情の裏には大変な思いがあるのだろう。



こちらの方は赤が好き、との事。そのままですな!
かなりモダンですが、ご年齢は60中ばだそうです。
おそるべしビューティーボランティア活動。



アートや美は人間が生きる上で必ず必要なものだと再認識した。
支援活動は継続していこう。生活に彩りを。

どうしてもバスにのる時間の都合で描けなかった以下の方には
写真を撮影しておいて、正月に描きおこした。
これから届ける。喜んでくれるといいなあ。



コメント
コメントする








   

links

CATEGORY

プロフィール

selected entries

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

弓と禅 改版
弓と禅 改版 (JUGEMレビュー »)
オイゲン・ヘリゲル
弓の達人と、その弟子ドイツ人のやりとりから見いだす禅の話

recommend

recommend

recommend

recommend

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM