【主夫日記】芸術家主夫とバリキャリ奥さん



最近、奥さんが某銀行にてフルで働きだしました。私は自宅で仕事をしながら主夫業してます。毎日の献立に悩んだり、赤ちゃんのワクチンを打たせに医者に行ったりと不慣れなことが続いてますが、やってみると意外にメリットもあり子供を持つ家族の働き方について最近考えさせられることが多いので以下まとめてみました。

■特徴■
1: 女性はバリバリ働ける
2: 旦那が主夫
3: 家計を節約する必要はなし
4: サードプレイスの重要性

1.日本では男性主体で生計を担う考え方がまだ一般的ですが、子供を産んだとしてもキャリアを追求したい女性は結構多いのではないでしょうか。私のまわりには多いです。もしくはポテンシャルがある女性が非常に目立ちます。妻は二児の男子を産んだ今、再び社会人に挑戦しフルで銀行勤務してます。

2.私は保育園への送迎、食事、家事・育児を担当してます。以前はサラリーマンでしたが、このまま一生会社に属する生き方で生涯終わらしたくないので、作家業である自宅勤務へシフトしました。今は適正である制作の仕事を日々こなし満喫しています。

3.ダブルインカムさえ軌道にのれば、掃除などはシルバー人材センターに依頼する(時給約1,000円)など家事はアウトプットすることができます。経済効果をまわすと同時に、高齢化のリソースを生かす社会貢献でもあり、子供への時間を確保するという3つのメリットがあるのではないでしょうか。文章がセミナーっぽくてすみません。

4.雑誌のSTORYやVERYなどよく女性誌で挙げられる第三の場ってやつです。奥さんはNPOを設立し、アフリカに石鹸を送るボランティアを続けていますが、彼女いわく「現代社会では自己表現の場が極めて限られてます。サラリーマンとして、母として、妻として、求められている事だけを続ける内に、心は弾力性を失い、もはや自分が何をしたいのかさえ解らなくなってしまいます」だそうです。女性にとっての「サードプレイス」はまさにこのような活動だと思います。

私にとってサードプレイスは、HONZという本のレビューもそうですし、趣味がダンスなので親子ダンスレッスンや体操教室も大切な場となっています。

ということで、体力もある男性は意外と家事育児に向いているかもしれません。よく赤ちゃんを抱っこ紐で抱いたまま両手は買い物したビニールを下げてる母がいますが、あれ体力相当いると思います。料理にこだわる男性も増えてきました。(私は時間をかけたくない派ですが


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

links

CATEGORY

はじめての方はこちら/当ブログの説明

selected entries

archives

recent trackback

  • 制度の歪みを利用『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方2015』
    天竺堂の本棚
  • 『ハウス・オブ・ヤマナカ―東洋の至宝を欧米に売った美術商』
    なおきさんのブログ
  • 『かぜの科学―もっとも身近な病の生態』ジェニファー アッカーマン (早川書房)
    なおきさんのブログ

recommend

recommend

recommend

recommend

ノンフィクションはこれを読め!  - HONZが選んだ150冊
ノンフィクションはこれを読め! - HONZが選んだ150冊 (JUGEMレビュー »)
成毛 眞
科学・歴史など全ジャンル5000冊から読むべき150冊を紹介している。

recommend

弓と禅 改版
弓と禅 改版 (JUGEMレビュー »)
オイゲン・ヘリゲル
弓の達人と、その弟子ドイツ人のやりとりから見いだす禅の話

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

ヘンな日本美術史
ヘンな日本美術史 (JUGEMレビュー »)
山口晃
レビューはこちら
http://honz.jp/18495

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM