森美術館 村上隆 展示会



森美術館で開催中の村上隆さんの展示会に行ってきた。
著書によく出てくる画面の「圧力」を感じた。

そのため、ヒキでもヨリでも写メでも美しく映る。

よく見るとデコトラ/改造車などに使用されるラメが細かく貼り付けてある。


ご本人は絵自体に意味は無いと主張する。
意味が無いものに意味を見出すのが人の習性だと。


ラストの作品は小さいが、単に愚痴の作品があった。

アート界でのルールを踏まえて作品を創り続けるジレンマなど。愚痴である。

ただ、この作品だけ心の奥底のピュアな叫びを聞いたような気がする。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

links

CATEGORY

はじめての方はこちら/当ブログの説明

selected entries

archives

recent trackback

  • 制度の歪みを利用『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方2015』
    天竺堂の本棚
  • 『ハウス・オブ・ヤマナカ―東洋の至宝を欧米に売った美術商』
    なおきさんのブログ
  • 【オススメ本】『かぜの科学―もっとも身近な病の生態』ジェニファー アッカーマン (早川書房)
    なおきさんのブログ

recommend

recommend

recommend

recommend

ノンフィクションはこれを読め!  - HONZが選んだ150冊
ノンフィクションはこれを読め! - HONZが選んだ150冊 (JUGEMレビュー »)
成毛 眞
科学・歴史など全ジャンル5000冊から読むべき150冊を紹介している。

recommend

弓と禅 改版
弓と禅 改版 (JUGEMレビュー »)
オイゲン・ヘリゲル
弓の達人と、その弟子ドイツ人のやりとりから見いだす禅の話

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

ヘンな日本美術史
ヘンな日本美術史 (JUGEMレビュー »)
山口晃
レビューはこちら
http://honz.jp/18495

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM