【オススメ本】 『印象派への招待』絵画の見方

印象派の影響力は強い。

そもそも他の芸術ムーブメントである新古典主義やロマン主義、ダダイズムなどは聞いてもピンとこないのではないか。しかし印象派は誰もが知っている。それだけ人の心に訴えかける共感力や、75万円の絵が2億円以上に跳ね上がるなど影響力が強いのである。

 

本書は印象派への手引書となりそうだ。登場する作家はルノワール、ドガ、ゴーギャン、モネ、スーラ、マネ、セザンヌ、ゴッホ、ロートレック。画家の死後、名をあげたものを含め印象派のオールスターである。
セザンヌとルノワール
印象という名だけあって、キャンバスに細部まで描き込むことはせず素早いタッチと実際よりも誇張された色彩で展開される。図の左はセザンヌ『赤いチョッキの少年』。右側はルノワールの『可愛いイレーヌ』だ。こうして比較するとルノワールは、さすがに筆さばきが滑らかだ。筆跡を残さない技法のせいもあるが、本人自身が最初の展示会で批評家から「病気の肌を描く画家」として酷評を受けた経験が大きいのかもしれない。以来、ルノワールの人物は光で包まれたような優しい印象となる。明るくやわらかな画面は、特に女性に評判がよい。

5つのキーワード

 

そして印象派とえば、モネのようにキャンバスに光を描いた絵を連想する人も多いだろう。しかし本書見開きの5つの抑えるべきキーワードだけでも眺めておけば、印象派がなぜ不良画家の集まりなどと揶揄されたのか、当時の伝統的なサロンに対する反発のムーブメントだったのかが理解できる。
歌舞伎など伝統芸能も、ストーリーを知るのと何も予備知識なしで観覧するのでは楽しみ方が変わってくる。その歴史背景を知っておけば、美術館に足を運んでも漠然と「いい色だね」や「素敵だな」といった感覚意見だけではなくなる。たとえば「なるほど印象派以前には、教会などに飾られる天地創造や天使の絵などアカデミックなものしか絵画と認められない風潮だったから、画家たちはアンチテーゼとしてこういう普通の人物を描くことになったのか」と意見も変化してくるはずだ。

 

1877年、第3回印象派展の名画

 

画家のさまざまな生い立ちも、端的な言葉で纏めれているのでアート初級者には教科書的な一冊になりうる。2つの絵はどちらもドガだが、彼は多くの芸術家から慕われてきた。印象派自体も外の光や風景を取り入れたものが多い中、ドガだけはあくまで室内にこだわったからだ。その光もバレエの舞台や室内の電球など、人工の光にこだわっている。さらに人物を、その瞬間でしか見せない一瞬を切り取った当時からすれば奇抜な作風だからともいえる。いつの時代も、大多数の裏をつく人間は一目置かれるのかもしれない。

 

印象派誕生への10の事件

 

本書は絵画の鑑賞講座としての役割もあるが、同時に世界の大きな歴史背景からのアートの立ち位置がわかる。1839年には写真が発明されたが、この時の写真家の多くは元画家であった。小さいサイズの肖像画を描いて生活していた人達は、商売道具が写真にとって変わられたのである。一方で写真技術は、絵画を写実から解放していく。つまり画家たちは写真で表現できないことをするしかなくなったのだ。  

 

また1843年にはパリとノルマンディーが汽車で結ばれた。鉄道は市民の間に普及していき、平日はパリで働き週末はパリ郊外へと遊びに出かけるといった生活習慣ができはじめる。そこから印象派の画家たちはレジャーをテーマに絵を描いた。私たち現代人にとって印象派が受け入れやすいのは、週末に憩いの自然を求めて足を伸ばしてみる感覚にとても共感できるからかもしれない。

 

絵画史を俯瞰するには丁度よい、手にとる価値のある一冊。

画像提供:朝日新聞出版

 

ビュールレ・コレクション

東京・福岡・名古屋にて印象派の大規模展が開催される(2/14〜国立新美術館)。モネの2×4メートルの大作「睡蓮の池、緑の反映」は、これまでスイス国外から一度も出たことがない睡蓮の作品だ。その大きさにも圧倒される。入場者数でいうと、東京都美術館の若冲展は44万人、東京国立博物館の運慶展は60万を超えたので、鉄板である印象派は確実に数字が上がるだろう。会期中は人ごみを避けた平日12:00頃がオススメ。


【オススメ本】『運慶への招待』

2017年11月、東京国立博物館にて開催された運慶展は入場者数が60万人を超え終了した。

 

運慶といえば平安末期〜鎌倉時代にかけて活躍した仏師だ。東大寺南大門の金剛力士立像はその代表作だが、全身で8m以上もある。重さは7t。制作年は1203年と制定され、つまり800年が経過しているが、今だもって見る者を畏怖させる。当時の人達は阿吽の仁王から凝視されたら、度肝を抜かれただろう。 

 

それにしても驚くのは、仁王2体を69日間で完成させていることだ。もちろん運慶ひとりではなく、慶派工房という集団で制作している。運慶はルネサンスの工房よろしく、漆や金箔を貼る塗師や採食を施す絵仏師など分業制の総監督でもあり、高い統率力もを持ち合わせていた。 

 

本書は運慶の入門解説書である。運慶関連の本は展示会のガイドブックを含め多数出版されているが、本書は実際の作品をフルカラーで眺めながらも見どころを抑えている。B5サイズで持ち運べるし、この一冊で展示会とイヤホンガイドの役割を果たしている。

 

 

 69日間の奇跡

 

面白い対比として、ギリシャの酒神ディオニュソスと運慶作品を比較している。ディオニュソスは紀元前432年に制作された理想的な人体を追及した写実彫刻だ。かたや運慶の仁王は、筋肉自体が生きた人間そのものに迫りつつも、右肘は肩以上に位置させるなど筋骨隆々になるべく各所にディフォルメが見られる。それでも重心は捻った足の上にしっかりと乗り、反対の足は遊脚させて自然なバランスを保っている。

 

 時空を隔てた写実の極致

 

運慶展のメインであったインドの兄弟僧がモデルの「無著菩薩立像」と「世親菩薩立像」。それぞれ全長は2m。玉眼の目をもつ国宝だ。玉眼とは眼球に水晶を使用する技法で、内側から水晶と和紙を貼り中心に黒目を描く。これが本物の瞳のように潤いを与える。運慶以前にもこの技術は存在したが、彼は眼球にカーブを採用しリアリズムを入れた。実際に見ると眼球は湾曲しており、リアルを追及しながらも穏やかな内面が伝わる。精神性の描写が秀逸なのか、これらの像の前に立つとしばらく時が止まる。 

 

 

 

 

 無著菩薩立像と世親菩薩立像

 

仏師は当時どれくらいの社会的ポジションだったか。平安時代には仏師に僧侶の身分が与えられていた。さらに11世紀に「法橋」という高僧に与えれる位も存在した。運慶と息子の湛慶は、さらに2段階上である最高位「法印」まで進んだ。仏を鑑賞する7つの基本も掲載されているため、如来・菩薩・明王・天の違いなどを知れば仏像の見方も変わるだろう。

 

運慶が活躍する以前の平安期の仏像は、起伏の少ない穏やかなスタイルの仏像が主流だった。そこから鎌倉という新たな時代を迎え、運慶は誰もやらないダイナミックな表情を続けた。激動の世を生き抜いた1人の表現者としても、一門を纏めあげるプロジェクトリーダーという面でも魅力的な人間だ。

 

もし実物の彫刻を観ていないとすれば、本書をガイドに生の存在感を体感してほしい。

 

 

画像提供:朝日新聞出版


『PHOTO ARK 動物の箱舟 絶滅から動物を守る撮影プロジェクト』

パンダ・トラ・ゾウ・ライオン・ゴリラ


これらはふだん動物園で見ることができる動物だ。そのせいかあまり意識しないのだが、じつは国際自然保護連合(IUCN)が作成する絶滅のレッドリストカテゴリーにすべて該当している。


カテゴリー「CR:近絶滅種」「EN:絶滅危惧種」「VU:危急種」に分類された動植物は、特に絶滅寸前種と考えられ、哺乳類1194種、鳥類1460種、爬虫類1090種、両生類2067種、魚類2359種、無脊椎動物4553種。つまり約1万3000種の動物がこの3つに分類され、絶滅の危機にある。(2017年1月時点)

 

ニシローランドゴリラ

 

著者であり写真家のジョエル・サートレイは、ナショナル ジオグラフィックと共に「PHOTO ARK(フォト・アーク)」プロジェクトを立ち上げた。これは世界中の動物園・保護施設で飼育されている約1万2000種の動物すべてを記録する活動だ。本書では、そこから絶滅寸前の400種に絞り掲載している。

 

プロジェクトの目的はひとつ。動物の姿を記録し発表することで、絶滅危機にある動物を知ってもらうためだ。「ARK(アーク)」とは箱舟の意味であり、さながら聖書に登場するノアの箱舟のように、地上のあらゆる動物を救おうという「写真の箱舟」がコンセプトなのである。

 

 

ビーズヤモリ

ヤモリの仲間はまぶたがないため、ときどき眼球をなめてきれいにする 

 

 

クチヒゲグエノンの一亜種

親をなくしたこの2匹は野生動物救護活動家に保護された。仲がとてもよく、頻繁に体を寄せ合う

 

 

撮影方法は、白または黒の背景となる照明設備付のテントを用意し、そこに動物を連れてくるところから始まる。背景を黒または白に限定しているのは、画面に余計な要素を排除し、動物本来の表情を見てもらうための工夫だ。おかげで、どの被写体も生き生きと映っている。

 

テント内に入る動物は、小型動物であれば比較的撮影は容易になるが、身体が大きく臆病なシマウマやサイ、ゾウなどはそうもいかない。彼らの場合は後方に背景を設置し、自然光で撮影するのが良いそうだ。足元にシートを置こうとすると、とても臆病で逃げてしまうので何も設置しない。撮影後にフォトショップで床と背景を消していく。

 

地球上には約120万の動物が発見されているが、実はこの数は氷山の一角と考えられている。現在までに発見された動物の95%は無脊椎動物で、ほとんどが昆虫ということになる。魚類・両生類・爬虫類・鳥類・哺乳類は合計で6万種だが、地球上では主役のように思える脊椎動物も、実は動物全体のほんの一部にすぎないのだった。

 

シロヘリミドリツノカナブン

 

キリギリスの一種。

数千個に1個の確率で色とりどりのキリギリスが孵化する。野生では派手な色のためすぐに食べられてしまうが、研究所内では安全に生存できる

 

 

ゴールデンライオンタマリン

 

知らない動物には愛着が湧かないかもしれないが、本書の写真をただ眺めるだけで、美しいもの、力のあるもの、穏やかなもの、チャーミングなものなど魅入ってしまう。そして名称の隣に記載される表記(EN=絶滅危惧種)を見ると、この動物も今世紀かぎりの滅びる運命かもしれない現実を突きつけられる。


それでも生物の存在を知ることで、絶滅の危機から守れる可能性もある。著者はまず、問題を認識することが解決への第一歩だと語る。もし絶滅危惧種について何も知識がないとしたら、本書はその意識が広がるチャンスかもしれない。

 

アメリカシロヅル

一時は20羽を下回ったが、生息地の保護と人工繁殖により絶滅をまぬがれた

 

※画像提供:日経ナショナルジオグラフィック社

 



links

CATEGORY

プロフィール

selected entries

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

弓と禅 改版
弓と禅 改版 (JUGEMレビュー »)
オイゲン・ヘリゲル
弓の達人と、その弟子ドイツ人のやりとりから見いだす禅の話

recommend

recommend

recommend

recommend

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM