【アート】Samurai サムライの描き方

 

(c)Fuzuki Arai

 

映画「関ケ原」を観てテンションが高まったので、侍作品を進めてみました!

いいですよね、戦場における生と死が交差する気迫。

 

サムライには黒です。主線にはダンスの躍動感をイメージして墨で一気に描きます。その中に内在する宇宙を描きます。背景にはヒエログリフならぬ無数の情報を圧縮した文様を配置していきます。これらの作業を、ちみちみと進めるのが好きです。


たいてい私は描きすぎて画面がごちゃごちゃしますが、ナショナルジオグラフィックから出版されている写真撮影の基礎本はとても参考になる。画面構成も黄金比をふまえたり、視線の流れを意識するだけで格段に構図がよくなります。

 

論理的に画面を美しく配置するのは楽しいですね。

 


【アート】Princess Kaguya かぐや姫 目を閉じる

 

Princess Kaguya

 

She was sitting there with her eyes closed.

 

PhotoshopのGIFアニメーションで制作しました。

私はAdobe Creative Cloudにてアートも制作しています。Photoshopでの作業は、一瞬で彩度や構成が変えることができるのが強みです。ただPC上で1からつくりあげません。必ずアナログの手作業の要素を入れます。

 

もちろんアクリルや日本画材だけで制作するアナログだけの手法のアートも良いのですが、せっかくコンピュータが発達した現代でこれを使わない手はありません。さらに可能性としてプリントはもちろん、ウェアやポスター、マグカップなど幅広く商品に展開できる強みがあります。

 

もし制作にデジタル導入を検討しているのであれば、強くオススメします。私はLightroomは使用していないのでPhotoshopだけです。写真のクオリティをアートにしたい方にはLightroomでよいと思います。またはどちらか一方だけでもクリエイティブ度合が広がり、自由に作品をつくることができます。

 

 


[ART] Painging works for the Seattle gallery

 

TIME
2017
24 x 18 inches (61 x 46 cm)
Mixed-media on canvas

 

Komainu is guardian lion in Japanese shrine.

There is a gate between the lions.
Every soul has a gate.

The gate is transparent because the soul is connected in each part of life (past, present and future life)

That is why I named the picture "time"

The dog walks towards the future but it can also experince past life again.


Painging works for the Seattle gallery
https://koboseattle.com/

 

The paintings at this gallery are affordable for people with average income.



links

CATEGORY

はじめての方はこちら/当ブログの説明

selected entries

archives

recent trackback

  • 制度の歪みを利用『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方2015』
    天竺堂の本棚
  • 『ハウス・オブ・ヤマナカ―東洋の至宝を欧米に売った美術商』
    なおきさんのブログ
  • 【オススメ本】『かぜの科学―もっとも身近な病の生態』ジェニファー アッカーマン (早川書房)
    なおきさんのブログ

recommend

recommend

recommend

recommend

ノンフィクションはこれを読め!  - HONZが選んだ150冊
ノンフィクションはこれを読め! - HONZが選んだ150冊 (JUGEMレビュー »)
成毛 眞
科学・歴史など全ジャンル5000冊から読むべき150冊を紹介している。

recommend

弓と禅 改版
弓と禅 改版 (JUGEMレビュー »)
オイゲン・ヘリゲル
弓の達人と、その弟子ドイツ人のやりとりから見いだす禅の話

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

ヘンな日本美術史
ヘンな日本美術史 (JUGEMレビュー »)
山口晃
レビューはこちら
http://honz.jp/18495

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM