【漫画イラスト】HONZ 古幡瑞穂

こんにちわメルセデス新井です。

 

先週は春分の日でメルマガがお休みでした。わたくし勝手がわからず、思わずメルヘンに「祝日ってメルマガリリースするの?」と聞いてみたら「やるわけねーだろ!このハゲ!」と言われ(たような気が)しました。桜も咲いてるし、この堂々と休む風潮は大切な気がします。

 

桜といえば学校などは、卒業シーズンですね。6歳になった息子は今だに「うんち」とか「パンツ」とか「マッチョ」といった言葉が大好きで、毎日この3語で爆笑してます。ある意味、魔法の言葉ですね。超簡単です。

 

だから『うんこ漢字ドリル』 も100万部売れるのか!とも思いました。 保育園に行くとよくわかるのですが、男の子は筋肉モリモリポーズが大好きです。 イラスト+教育系のジャンルは面白いですね。 それと『ムキムキきんにく』という本があります。こちらも可愛いイラストで、骨や筋肉といった身体の構造がわかる良本です。 「マッチョむし」とか「マックスぱんつ」とか保育園で児童からよく聞く言葉をタイトルにすれば売れるのではないでしょうか。マーケティングをもっとしたくなりました。

 

マーケティングで思い出すのはHONZの古幡瑞穂です。大手取次会社にてマーケティングを担当する彼女は、分析・戦略が大の好物。容姿端麗な姿からは想像しずらいですが、記事でも一番売れたのはタイトルは〇〇〜、その次に押されたのは〜〇〇なんて話で盛り上がっています。やはり変なのかもしれません。個人的にはその分析力で、メンバーも解析/可視化してほしいものです。きっと彼女も「このクラスタは面白いのが色々出てるからADHDコーナー作っても良さそうブツブツ」などと言う、はず。

 

(c)Fuzuki Arai


【4コマ漫画_24】HONZメルマガ 

こんにちわメルセデス新井です。

先週末から子供達がインフルエンザA型に感染してしまいました。ということで平日は家でずっと朝食・昼食・夕食つくりながら薬を与えての看病です。やるべきことを箇条書きにするだけで序文が終わりそうなくらい忙しい日々でした。というか、メルマガ自体を休めば良かったのか!いま気づきました。

そして食事といえば、HONZレビュアー麻木久仁子の新刊ゆらいだら、薬膳』が発売されました。すみません私は芸能人が出す本を侮っておりました。期待を裏切る一冊です。

中身はパラパラと眺めることのできるレシピ本なのですが、使用する素材がなぜ薬膳で必要なのか理論が纏められています。たとえばお茶なら「麦茶は体を冷やすので冬場は良くない」とありますが、真冬でも麦茶をガブガブ飲んでた新井家に衝撃が走りました。体を温めるにはプーアル茶が良いそうで、早速購入し「やっぱプーアル茶は身体を温めるからね〜」などと呟いて飲んでいます。

そして巻末には、2010年〜体調を崩したのち乳がん治療を経て、精神的にも苦労した時代を乗り越えて得た今の心境が描かれております。普段HONZの朝会や夜会では、これっぽっちもそんな素振りを見せませんでした。私は勝手に感銘を受け、食事と健康であることの大切さを実感していたのです。

 


あけましておめでとうございます A Happy New Year!!

本年もアート、デザイン、レッスンともどもよろしくお願い致します。

 

株式会社アトリエ新井文月としても、2期目を無事に終えることになりました。みなさまのおかげで、順調な運びとなっております。ありがとうございます。

 

この写真は、都内から水平線が眺めることができるため初日の出がよく見える若洲海浜公園です。

 

 

お正月にオーストラリア出身の女性がアートレッスンを受けにきてくれました。

最初のうち、彼女はどちらかというと描く絵はイラストよりの漫画テイストでしたが、何回か理論とワークを重ね最終的には素晴らしい作品が完成しました。

 

 

 

 

無心で描く楽しさを味わえたようで何よりです!!

 



links

CATEGORY

プロフィール

selected entries

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

弓と禅 改版
弓と禅 改版 (JUGEMレビュー »)
オイゲン・ヘリゲル
弓の達人と、その弟子ドイツ人のやりとりから見いだす禅の話

recommend

recommend

recommend

recommend

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM